« のがれの地 | トップページ | 丁稚 »

2006年9月 9日 (土)

両親

確か秋頃、25歳の誕生日前後だったと思います。札幌に住む両親に、牧師になる決心を伝えに行きました。洗礼を受けた時は、「あ、そう」程度の反応だったのですが、今度は、たいへん険悪な雰囲気でした。

「どうしてそう思ったのか」、「世の中のことが嫌になったのか」、「東京になんか、行かせない方が良かった」と、いろいろ言われました。宗教とほとんど関わりのないサラリーマン家庭を築いてきた両親にとっては、「牧師になること」イコール「世捨て人になること」のように思えたのかもしれません。

しかし、私の決心が固いことを見て取った父は、最後には、「お前の人生なんだから、好きなように生きたら良い」と許してくれました。それから1年半の後、両親は、そろって札幌の教会で洗礼を受けることになります。母は私に、「『老いては子に従え』だからね」と言って、笑っていました。

母は今も健在ですが、父は5年前、ガンで亡くなりました。逆らってばかりいる悪い息子で、ほとんど親孝行などできませんでしたが、クリスチャンになって天国に送り出すことだけはできて、本当に良かったと感謝しました。

「主イエスを信じなさい。そうすれば、あなたもあなたの家族も救われます。」(使徒16:31、新改訳第3版)

|

« のがれの地 | トップページ | 丁稚 »

訓練期間」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 両親:

« のがれの地 | トップページ | 丁稚 »