« 身代わりの計画に感謝する(イザヤ53章) | トップページ | 京・大阪 »

2007年4月 2日 (月)

柔和な心を育む(ガラテヤ5:23)

Img_08321 先週30日夜、長女と一緒に、ホープチャペル大阪の金曜礼拝に出席しました。金曜夜ですから、ちょうど安息日でしたね。ホープ大阪は、日曜は京橋で礼拝をしていますが、金曜の礼拝は、「なんば」教会の場所を借りて行っています。

宿泊先のホテルから地下鉄を乗り継いで、なんば駅に到着すると、そこは地理に不案内な者にとっては、とんでもなく大きく複雑な駅でした。御堂筋の脇に出る目指す出口をやっと見つけ、地図を頼りに、教会を探し当てます。出口から歩いて5分ほどの距離にある、ビルの4階フロアでした。

暗い階段を上って、教会のドアを開けると、顔なじみの二人の牧師を発見します。一人は日本人で、もう一人はアメリカ人ですが、二人とも、突然の私たちの訪問に驚きつつ、歓迎してくれました。二人で一緒にギターを弾いて賛美リードをし、その日は日本人の牧師がするメッセージを、米国人の牧師が英語に通訳しました。メッセージは、交代でしているようです。

この日のテーマは、「柔和な心を育む」でした。人に理解を示す、裁かない、思いやる、人の意見に心を開く、よく考えて対応する、敬意を払う、ということが、柔和な心を持つ上で、大切だと語られました。

柔和な心は、聖霊(御霊)なる神様が、私たちの心の中に「実」として結ばせて下さるものです。それはただの優しさと異なり、「よく制御された強い力」という意味があるそうです。神様が与えて下さる柔和さを、身につけて行きたいですね。

「御霊の実は、愛、喜び、平安、寛容、親切、善意、誠実、柔和、自制です。このようなものを禁ずる律法はありません。」(ガラテヤ5:22-23、新改訳第3版)

(写真は、30日昼に訪れた大阪城。ホープ大阪は日曜日、この周辺で「お花見&BBQ」だったようです。)

|

« 身代わりの計画に感謝する(イザヤ53章) | トップページ | 京・大阪 »

礼拝」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186781/14496006

この記事へのトラックバック一覧です: 柔和な心を育む(ガラテヤ5:23):

« 身代わりの計画に感謝する(イザヤ53章) | トップページ | 京・大阪 »