« 教会付属幼稚園&小学校 | トップページ | 親と教師の協力関係 »

2007年5月10日 (木)

3つの誓い

長女が2年間通った幼稚園と小学校では、日本人が考えるような「入学式」がありませんでした。青空の下で行われた最初の「朝礼」で、ビデオを撮っている親はいましたが、歌を歌うこともなく、校長先生の言葉もほんの一言で、子どもたちはすぐに教室に入ります。長々と続く「式」を予想していた私は、拍子抜けしました。

最初の「朝礼」にあったどうか、記憶していませんが、普段行われる全校の「朝礼」では、子どもたちが、3つの誓いの言葉を唱和しました。どの順番だったか分かりませんが、「アメリカ国旗への誓い」、「クリスチャン旗への誓い」、そして「聖書への誓い」です。

「アメリカ国旗への誓い」は、よく耳にしますね。「私は、アメリカ合衆国の旗と、それが表す共和国――すべてに自由と正義をもたらす、不可分の、神の下の一つの国への忠誠を誓います」(私訳)というセリフです。

「クリスチャン旗への誓い」は、こういう文言でした。「私は、クリスチャンの旗と、それが表す神の国の救い主――十字架につかれ、よみがえり、再び来られ、信じる者すべてにいのちと自由を与えられる、唯一の救い主への忠誠を誓います。」(私訳)

「聖書への誓い」は、こうです。「私は、神の聖いみことばである聖書に忠誠を誓います。私は、それを私の足のともしびとし、私の道の光とし、神様に罪を犯さないよう、私の心のうちにそのみことばを隠し持ちます。」(私訳)

可愛らしく唱和していた幼稚園児や小学校低学年の子たちが、これらの誓いの意味を、どれだけ理解していたかは不明です。そこにいた多くの子どもたちは、もう成人になっていると思いますが、大人になっても、神様のみことばに従い、真のいのちと自由を自分のものにしていってほしいですね。

「あなたのみことばは、私の足のともしび、私の道の光です。」(詩篇119:105、新改訳第3版)

|

« 教会付属幼稚園&小学校 | トップページ | 親と教師の協力関係 »

訓練期間」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 3つの誓い:

« 教会付属幼稚園&小学校 | トップページ | 親と教師の協力関係 »