« 3つの誓い | トップページ | 未来のために祈り続ける(イザヤ62章) »

2007年5月11日 (金)

親と教師の協力関係

長女の幼稚園は、小学校と同じく、午前8時30分から午後3時まででした。ただ、幼稚園生の場合は、「お昼寝」の時間がありました。それにしても、幼稚園としては長い「就学時間」ですね。帰ってきてからも、たくさん宿題がありました。

最初は、「フォニックス(Phonics)」という、つづり字と発音のお勉強です。これは、日本でも最近、英語学習の上で注目されているようです。保護者も宿題を一緒にして下さいということで、「フォニックス」は、私と妻にとっても勉強になりました。教会学校のように、毎週、聖書の一節の暗記(暗唱聖句)もありましたね。

中休みの時間には、おやつも食べて良いということで、毎日、お菓子とお弁当を持っていきました。ごはんと卵焼き、唐揚げ、そしてウサギさんの形に切ったリンゴを、キティちゃんのお弁当箱に入れて持っていったところ、先生が感激して、「これこそ日本のお弁当だ」と、子どもたちに紹介したそうです。

おにぎりを持っていった時は、周りの子どもたちが、「スッシー(sushi)!」と叫んでいたとのこと(笑)。中身のタラコを見た子に「それは何だ」と聞かれ、「魚の卵(fish egg)」と答えると、今度は「ヤック(yuk=キモイ)!」という反応だったそうです(笑)。これこそ草の根日米文化交流ですね。

ちなみに、アメリカ人のお弁当は、手作りのサンドイッチがあれば手が込んでいる方でした。一番簡単なのは、スーパーで売っている「ランチャブル(Lunchables)」という、クラッカーでハムとチーズをサンドイッチするセットです。これにリンゴまるごと1個とか、バナナ1本だけというのが、いかにもアメリカ風のお手軽ランチセットでした。

保護者と教師の「垣根」が低く、親はいつでも、授業の参観ができました。先生のアシスタントをするボランティアも募集していました。遠足などの行事にも、親はついていくことができます。誕生日の子がいると、親は、クラスメート全員に、おやつの差し入れをしました。「バースデー・スパンキング(birthday spanking)」が、メイン・イベントです。これは、年の数だけお尻を叩かれるというもの。もちろんジョークで、軽く叩いたようですが(笑)。

聖書では、子どもの教育の責任は、親にあると教えています。教会付属「クリスチャン・スクール&キンダーガーテン」の先生たちは、それをよく理解していて、保護者との良好な協力関係を築こうとしておられたようです。

「あなたがたは、私が、きょう、あなたがたを戒めるこのすべてのことばを心に納めなさい。それをあなたがたの子どもたちに命じて、このみおしえのすべてのことばを守り行わせなさい。」(申命記32:46、新改訳第3版)

|

« 3つの誓い | トップページ | 未来のために祈り続ける(イザヤ62章) »

訓練期間」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 親と教師の協力関係:

» 母の日ギフト・プレゼント情報 [母の日ギフト・プレゼント情報]
母の日に何を送ったらいいの?そんな疑問に答える母の日ガイド! [続きを読む]

受信: 2007年5月11日 (金) 16時29分

« 3つの誓い | トップページ | 未来のために祈り続ける(イザヤ62章) »