« 吹奏楽コンクール | トップページ | 格差社会 »

2007年8月 6日 (月)

圧倒的な勝利者として生きる(ローマ8章)

Flower070805 「人生ゲーム」というロングセラーの盤ゲームがあります。日本での発売開始が、高度成長絶頂期の1968年で、それ以来、1,000万個以上を売り上げているという話ですから、驚くべきヒット商品ですね。私も小学生の頃、友だちの家で遊んだ記憶があります。

何年か前、家にある人生ゲームを、教会にささげて下さるという方がいました。集まる子どもたちが一緒に遊べるように、という趣旨でした。お気持ちはありがたかったのですが、ちょっと考えて、やはりお断りすることにしました。「億万長者を目指す」というゲームのゴールが、聖書の教えにそぐわないように感じたからです。申し出て下さった方も、クリスチャンでしたから、すぐ理解して下さいました。

聖書が語る「勝ち組」と「負け組」の尺度は、もちろん、お金ではありません。イエス・キリストは、天国に行った貧乏人と行けなかった金持ちの例え話をしています。地上の世界において、「勝ち組」人生を満喫したお金持ちは、死後、炎の中で苦しみもだえます。ところが、「負け組」だったラザロという貧乏人は、天上において、永遠の祝福を満喫するようになるのです。

二人の違いがどこにあったのか。実はそれは、お金を持っているか否かでは、ありませんでした。創造主なる神様の教えに、聞き従うかどうかだったのです。お金持ちが「勝ち組」で、貧乏人が「負け組」なのではなく、逆に億万長者だから即、地獄に落ち、無一文だから天国に行くわけでもありません。聖書が教える「勝ち負け」の尺度は、目に見える世界の経済格差を超越しています。

イエス・キリストは、信じる人すべてに対し、「天国に凱旋する」勝利の人生を与えて下さいます。私たちを罪と死から解放し、将来に希望を与え、豊かでも貧しくても、どんな中にあっても私たちを助けて下さいます。

地上での人生は、永遠の天上世界から見れば、ほんの一瞬にしか過ぎません。しかし、それは永遠の違いをもたらす一瞬でもあります。私たちが地上において、何を求め、どのように生きるかにより、死後の落ち着き先が大きく異なるからです。

神様は、私たちがどんな経済生活の中にあっても、救い主イエスに聞き従い、「圧倒的な勝利者」として生きてほしいと願っておられます。皆が一攫千金の「億万長者を目指す」のではなく、神様が与えて下さっている、真の「勝ち組」の人生を歩んでいきたいですね。

「しかし、私たちは、私たちを愛してくださった方によって、これらすべてのことの中にあっても、圧倒的な勝利者となるのです。」(ローマ8:37、新改訳第3版)

|

« 吹奏楽コンクール | トップページ | 格差社会 »

礼拝」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186781/16023133

この記事へのトラックバック一覧です: 圧倒的な勝利者として生きる(ローマ8章):

« 吹奏楽コンクール | トップページ | 格差社会 »