« 帰卿 | トップページ | 圧倒的な勝利者として生きる(ローマ8章) »

2007年8月 3日 (金)

吹奏楽コンクール

世の中には、知らない世界というものはあるものです。私にとって吹奏楽の世界は、長女が中学に上がるまで、ほとんど未知の世界でした。長女は、中学の吹奏楽部でフルートを吹き、部長をつとめました。今は、中2の長男が、ユーフォニアムを吹き、副部長をつとめています。

先週の金曜日は、年1回のコンクール地区大会がありました。仕事の都合がついたので、妻と次女、そして義母とともに、函館市民会館に応援に行きました。道南で35人以上の編成をもつ5つの中学校のうち、2校だけ全道大会に行けるとのこと。長女が中1の時は、所属する吹奏楽部が、東京の全国大会にまで出場した実績があります。

私は、まったくの門外漢なので、聞いてもほとんど違いが分かりません。5校のうち1校だけは、音が滑らかで、美しい印象がありましたが、あとの4校は、どこが選ばれるのか分かりませんでした。それでも審査員の方々は、しっかりと聞き分けたようです。感謝なことに、長男の吹奏楽部は、全道大会に行けることになりました。

この大会は、1940年に始まったとのこと。戦前、戦中の課題曲は、「大日本」とか「皇軍の精華」、「航空日本」といったタイトルだったようですから、時代が反映されていましたね。今年の課題曲は、「光と風の通り道」とか「憧れの街」、「ブルースカイ」といったタイトルが並んでいます。平和な時代で良かったです。

聖書では、アダムの何代か後の子孫であるユバルが、「立琴と笛を巧みに奏するすべての者の先祖となった」と記されています。モーセに率いられたイスラエルの民がエジプトを出て、「約束の地」に向かった時は、角笛と銀のラッパがお祭りや合図のために用いられました。ダビデ王の時代には、礼拝のための音楽隊が編成され、集められた「達人」たちは、288名いたそうです。

キリスト教会はもちろん、音楽と深い関わりがあります。グレゴリオ聖歌は礼拝音楽ですし、バッハもヘンデルもモーツァルトも、キリスト信仰をテーマにした曲を書いています。最近、日本でブームになったゴスペルも、もともとは賛美歌ですね。現在では、ロック調あり、ポップス調ありで、あらゆるジャンルの賛美曲があります。演歌や沖縄民謡風の曲もありますね。

世界中の人々とともに、あらゆる楽器や声を用いて、創造主なる神様を賛美していきたいですね。

「角笛を吹き鳴らして、神をほめたたえよ。十弦の琴と立琴をかなでて、神をほめたたえよ。タンバリンと踊りをもって、神をほめたたえよ。緒琴と笛とで、神をほめたたえよ。」(詩篇150:3-4)

|

« 帰卿 | トップページ | 圧倒的な勝利者として生きる(ローマ8章) »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 吹奏楽コンクール:

» 北海道吹奏楽コンクール 各地区大会結果 まとめ [site BRASSMAN 〜吹奏楽ニュース、あと何か]
札幌地区(札幌コンサートホールkitara) 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 函館地区(函館市民会館) 1日目 2日目 旭川地区(旭川市民文化会館) 1日目 2日目 北見地区(北見市民会館) 1日目 2日目 釧路地区(釧路市民文化会館) 1日目 2日目 空知地区(岩見沢市民会館) 1日目 2日目 帯広地区(帯広市民文化ホール) 1日目 2日目 日胆地区(苫小牧市民会館) 1日目 2日目 名寄地区(美深町文化会館COM100) 1日目 留萌地区(留萌市文化センター) 1日目 ... [続きを読む]

受信: 2007年8月 6日 (月) 19時40分

« 帰卿 | トップページ | 圧倒的な勝利者として生きる(ローマ8章) »