« 洗足の教え | トップページ | もう寝る時間だ! »

2008年5月 5日 (月)

主イエスを信じる(ヨハネ14章)

Flower080504 クリスチャンになりたての頃、「イエス・キリストを信じます」という決意表明、いわゆる「信仰告白」は、最初だけすればいいものだと思っていました。洗礼を受ける時そう宣言し、神の家族に加えられた後は、キリストへのゆるがない信仰に基づき、すべてがバラ色、いわば「順風満帆」の信仰生活が待っているかのように思えたのです。

しかし、それから20年以上経た今、これまでの歩みを振り返ってみると、そう簡単ではありませんでした。(笑)神様から常に、「あなたはわたしを信じますか」と問われ続けてきたように感じます。世の多くの人々にとって、人生は、思うほど順風満帆ではありません。それは、クリスチャンの信仰生活も同じです。嵐のような日もあるし、ひでりや飢きんのような時もあるのです。

予想外の事態に直面して、自らの信仰が揺さぶられる時、イエス・キリストは私たちに問われます。「あなたはわたしを信じますか?」と。最後の晩餐の後に何が起こるか、弟子たちは知りませんでした。その彼らに対して、主イエスは、どんなことが起こったとしてもわたしを信じなさいと、戒められたのでした。

私たちは、イエス・キリストにいつも信頼していきたいと願っています。このお方は、十字架と復活により、創造主なる神様との関係を回復して下さいました。天国に至る唯一の道として、私たちを父なる神様のもとに導き、私たちの心のうちに聖霊を遣わして下さいました。

人には、しばしば裏切られます。しかし創造主なる神様は、決して裏切ることがありません。イエス・キリストが、どんな時にも私たちを見捨てることのない、信頼に足るお方であることを感謝します。

「あなたがたは心を騒がしてはなりません。神を信じ、またわたしを信じなさい。」(ヨハネ14:1、新改訳第3版)

P.S. 今週の更新は本日のみとし、明日以降はお休みします。また来週お会いしましょう。読者の皆様の上に、神様の祝福が豊かにありますように。

|

« 洗足の教え | トップページ | もう寝る時間だ! »

礼拝」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186781/41097354

この記事へのトラックバック一覧です: 主イエスを信じる(ヨハネ14章):

« 洗足の教え | トップページ | もう寝る時間だ! »