« 天命を完了する(ヨハネ19章) | トップページ | 自発的な心 »

2008年6月23日 (月)

キリストの家族をつくる(ヨハネ21章)

Flower080622 先週は、沖縄で教団大会がありました。日本各地で福音を伝え、教会を開拓しているフォースクエアの牧師や教会の人々が一堂に会し、神様により一つの家族とされていることをともに喜びました。

私たちの教団には、日本人はもちろん、アメリカ人、ブラジル人、フィリピン人、韓国人など、さまざまな国々の人が集まっています。大会の各集会も、日本語、英語、ポルトガル語の三ヶ国語で行われます。日本にいながら国際的な雰囲気を味わうことのできる、不思議なファミリーです。

今回、講師としてお話しいただいた先生には、「こういう教団は日本では珍しい」と言われました。確かに、あまり「日本的」ではありません。聞くところによると、どうも「アメリカ的」でもないらしいですね。いろいろな国籍、文化がブレンドされて、ユニークな新しいカラーが生み出されているようです。

私は今回、一番後ろの席で記録をとっていましたが、ひょっとして諸国の民が集まって来る天国(新しい天と新しい地)というのは、こんな感じなのだろうかと思いました。すべての国籍や文化の壁を越え、一つの家族とされている恵み。その素晴らしい「前味(まえあじ)」を堪能することができ、感謝します。

イエス・キリストは、新しい家族をつくるために世に来られました。私たちは、家族としてともに、先ず「漁」に出かけます。キリストを信じ、新たに家族に加わる人を募るということです。次に、「羊」を育てます。家族の霊的成長を助け、互いに祈り、励まし合うことです。そして、神様の栄光を現す生き方をします。各自に与えられている天命を全うし、日々の生活を通して、創造主なる神の愛を伝えていく家族となるのです。

イエス・キリストは、ペテロに問われたのと同じく、今、私たちにも問いかけられています。「あなたは、わたしを愛しますか」と。私たちは、神の子イエス・キリストを愛し、そして互いに愛し、受け入れ合うキリストの家族、国籍や文化を超越した新しいファミリーをさらに全世界に拡大していきたいですね。

「イエスは三度ペテロに言われた。『ヨハネの子シモン。あなたはわたしを愛しますか。』ペテロは、イエスが三度『あなたはわたしを愛しますか』と言われたので、心を痛めてイエスに言った。『主よ。あなたはいっさいのことをご存じです。あなたは、私があなたを愛することを知っておいでになります。』イエスは彼に言われた。『わたしの羊を飼いなさい。』」(ヨハネ21:17、新改訳第3版)

|

« 天命を完了する(ヨハネ19章) | トップページ | 自発的な心 »

礼拝」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186781/41623996

この記事へのトラックバック一覧です: キリストの家族をつくる(ヨハネ21章):

« 天命を完了する(ヨハネ19章) | トップページ | 自発的な心 »