« 週1回更新へ | トップページ | 聖霊の導きに従う(使徒13章) »

2008年10月 6日 (月)

救い主をほめたたえる(使徒12章)

「(創造)主は誠実な者を保たれるが、高ぶる者には、きびしく報いをされる」ということばが、詩篇31:23にあります。神様は高ぶりをきらわれます。そして、へりくだる者を喜んで下さいます。

使徒12章に登場するペテロとヘロデ(アグリッパ)王の二人には、まさに誠実な者と高ぶる者の対比を見ることができます。ヘロデに捕らえられ、殺されそうになったペテロは、天使の導きにより奇跡的に牢から救い出されました。ペテロは、すぐに主イエスが解放して下さったことを悟り、その「救いのわざ」に感謝したのでした。

一方、ヘロデはユダヤ指導者たちのご機嫌とりという政治的思惑のためにヤコブを殺し、ペテロにまで手を伸ばしていました。ペテロを取り逃がすと、本当は責任のなかった番兵たちを処刑します。そして、民衆が「神のようだ」とお世辞を言うと、すっかりその気になり、その場で虫にかまれて死んでしまいます。「上から目線」だった王の最期は、実にみじめなものでした。

私たちは、自らの心をよくチェックする必要があります。ペテロのように、神様がして下さった良いことを感謝しているかどうか。ヘロデのように、自分が良いものを得るのは当然だというような態度でいないかどうか。神様は、高ぶった心をいとわれ、へりくだった誠実な心を尊ばれるのです。

イエス・キリストが十字架にかかって下さり、私たちを「高ぶりの道」から救い出して下さったことをいつも忘れないで行きたいですね。主イエスの恵みに感謝し、その救いをほめたたえる生き方をしていきましょう。

「そのとき、ペテロは我に返って言った。『今、確かにわかった。主は御使いを遣わして、ヘロデの手から、また、ユダヤ人たちが待ち構えていたすべての災いから、私を救い出してくださったのだ。』」(使徒12:11、新改訳第3版)

|

« 週1回更新へ | トップページ | 聖霊の導きに従う(使徒13章) »

礼拝」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186781/42682507

この記事へのトラックバック一覧です: 救い主をほめたたえる(使徒12章):

« 週1回更新へ | トップページ | 聖霊の導きに従う(使徒13章) »