« 信仰にしっかりとどまる(使徒14章) | トップページ | 慣習から自由にされる(使徒15章) »

2008年11月 4日 (火)

主に目を留め続ける

Flower081102 先週土曜日、札幌で開かれた高校の同窓会に行って来ました。2年ぶり、2回目の参加です。前回と同様バスの往復で、土曜朝8時に出発し、深夜バスで日曜朝5時帰宅という強行スケジュールです。日曜午後には結婚式の司式もあり、体力の衰えを体感するツアーでした(笑)。

中島公園横にあるホテルで開かれた一次会には、数百名ほどの人がいたでしょうか。高校の吹奏楽部やトランペット、フルート奏者のソロ演奏があり、お馴染みのお好み焼屋さんも営業していました。3年のクラス担任の先生が来られていたので、29年ぶりにご挨拶してきました。4年ほど前に退職されたそうですが、語り口は昔とまったく同じでした。

同期にも、29年ぶりの人たちがいました。昔はこうだった、ああだったと語り合うのは懐かしいものです。今年はそう言えば、「どうして牧師になったの?」という質問は、ありませんでしたね。同期の中に牧師がいることに、皆さん少し慣れてきたのでしょうか(笑)。

来年は、卒業30周年になります。思えば、この30年間さまざまな出来事がありました。高校を出る時、私はクリスチャンではなく、まさか将来牧師になっているなどとは思ってもみませんでした。牧師になることを決心した後も、実に波乱万丈の歩みで、よくここまで歩き続けてきたと思います。

歩き続けるコツは、周りの状況に心を惑わされず、ただイエス・キリストに目を留めていくこと。ペテロのように風を見て恐れを抱くのではなく、どんな中にあっても私たちを導き、支えていて下さる救い主イエスに信頼し、主からいつも目を離さずにこれからも歩み続けていきたいですね。

「すると、ペテロが答えて言った。『主よ。もし、あなたでしたら、私に、水の上を歩いてここまで来い、とお命じになってください。』イエスは『来なさい』と言われた。そこで、ペテロは舟から出て、水の上を歩いてイエスのほうに行った。ところが、風を見て、こわくなり、沈みかけたので叫び出し、『主よ。助けてください』と言った。そこで、イエスはすぐに手を伸ばして、彼をつかんで言われた。『信仰の薄い人だな。なぜ疑うのか。』」(マタイ14:28-31、新改訳第3版)

|

« 信仰にしっかりとどまる(使徒14章) | トップページ | 慣習から自由にされる(使徒15章) »

礼拝」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186781/43006961

この記事へのトラックバック一覧です: 主に目を留め続ける:

» 大切な人への結婚祝い [ナイスセンスな結婚祝いを贈ろう!]
大切な仲間、家族が結婚する時、結婚祝いを贈るケースが多いでしょう。特別なお祝いだし記念に残るような特別なものを贈りたいと思いませんか?しかしどういったものを贈ったらいいのか本当に困ると思います。最初におすすめしたい結婚祝いの贈り物は「時計」です。新居で新しい生活を始めるにあたって新しく時を刻んでいく時計、いつでも見られるようにデザインがいい壁掛け時計や振り子時計、また置時計などさまざまな�... [続きを読む]

受信: 2008年11月 4日 (火) 14時10分

« 信仰にしっかりとどまる(使徒14章) | トップページ | 慣習から自由にされる(使徒15章) »