« 救いの神をほめたたえる(ルカ2章) | トップページ | いのちを生み出すコミュニティ »

2008年12月31日 (水)

世々限りなく主をほめたたえる(詩篇145篇)

私たちの教会では、一年最後の礼拝は感謝礼拝としています。一年間に創造主なる神様がして下さったすべての良いことを思い起こし、それぞれ感謝をささげます。

今年は、自発的に感謝の「証し(あかし)」をしてもらうことにしました。「証し」とは、神様がして下さったことの証言であり、感謝の報告です。

ガンがいやされた人がいました。心が強められ、明るく元気になった人もいました。高齢の母親が救われ、洗礼を受けた人。孫が献児式を受けた人。音楽のコンクールで好成績を収めた人。そして大学に合格した人。新たな出発をすることができた人。この1年間、神様はさまざまな形で私たちにその恵みを注いで下さいました。

私自身にとっては、神様が新たな道を指し示して下さったことが、この1年間の最も大きな出来事です。それは、来春から私たちの教団の代表となることであり、また同時に所沢の教会に転任することです。大きな責任を感じるとともに、神様の導きに感謝したいと思います。

すべてのものにいつくしみ深い創造主なる神様が、この1年間、私たちを守り導いて下さったことを覚え、主の豊かな恵みをほめたたえます。

「私の神、王よ。私はあなたをあがめます。あなたの御名を世々限りなく、ほめたたえます。日ごとにあなたをほめたたえ、あなたの御名を世々限りなく賛美します。」(詩篇145:1-2、新改訳第3版)

|

« 救いの神をほめたたえる(ルカ2章) | トップページ | いのちを生み出すコミュニティ »

礼拝」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186781/43584773

この記事へのトラックバック一覧です: 世々限りなく主をほめたたえる(詩篇145篇):

« 救いの神をほめたたえる(ルカ2章) | トップページ | いのちを生み出すコミュニティ »