« 信仰により力を得る | トップページ | 人よりも神に従う »

2016年9月 4日 (日)

みことばを大胆に語る

 神のみことばは、伝えても喜ばれないことがよくあります。みことばを語って迫害されることも、珍しくありません。ヨセフはある日、夢を見ました。彼が家族のリーダーになる夢でした。それは、神様からのメッセージでした。将来起こる出来事の予告でした。でもそのメッセージを伝えても、家族は喜びませんでした。父には、「そんなこと言うもんじゃない」と叱られました。(「お前にはまだ早い」ではなかった!)兄たちは、ヨセフがますます憎たらしくなりました。そして、彼を奴隷として売り飛ばしました。

 エジプトに行ったヨセフは、そこでも神のみことばを伝えました。ファラオが見た夢の意味を解き明かしたのです。それは、神様から与えられた重要なメッセージでした。「7年の豊作の後に、7年の飢饉が来る。だから今から災害対策をしなければならない。」エジプトの人々は、喜んでこのみことばを受け入れました。そして、たいへんな飢饉を乗り越えました。でも、彼らがみことばを喜んだのはその時だけです。ヨセフの死後、エジプト人はすぐ神のみことばを忘れてしまいました。ヨセフがエジプトに呼び寄せたユダヤ人たちは、覚えていたはずです。後の世代に語り継いで、ヨセフはレジェンドとなりました。でも、その話をエジプト人にしても、相手にしてもらえなかったかもしれません。ユダヤ人は400年間、奴隷として苦しめられました。男の赤ちゃんは、皆殺しにされそうでした。もし彼らが奴隷のままエジプトで死に絶えたら、どうなったでしょう。語り継がれた神のみことばも、古代遺跡の一部として埋もれていたかもしれません。

 彼らをエジプトから解放したのは、モーセです。モーセも、神のみことばを人々に伝えました。しかし、みことばを語っても必ずしも喜ばれませんでした。ファラオは腹を立て、ユダヤ人たちをますます苦しめました。苦しめられたユダヤ人たちは、お前のせいだとモーセに文句を言いました。それでもモーセは、めげずにみことばを語り続けました。そしてユダヤ人は、なんとかエジプトを脱出できました。ところが彼らは、モーセに文句を言い続けました。「エジプトの方が良かった。ここには水がない。食べ物もない。カナンには行きたくない。」「なんであんたが、いつまでもリーダーなんだ」という人もいました。モーセがいない時に勝手に金の子牛を作り、拝む人たちもいました。批判的で反抗的な大勢の人々を40年も導くのは、たいへんな仕事でした。でもモーセは、圧倒的大多数の空気に決して流されませんでした。(ポピュリズムではなかった!)彼は辛抱強く、みことばを語り続けたのです。

 その後、多くの預言者たちも、みことばを語って迫害を受けました。エリヤは、王妃イゼベルに殺されそうになりました。エレミヤは、泥の穴の中に沈められました。ダニエルは、ライオンの穴に投げ込まれました。バプテスマのヨハネの首は切られ、お盆の上に載せられました。そしてイエス様はムチ打たれ、十字架につけられました。十字架の前にイエス様は、何と言われたでしょうか。弟子になれば、あらゆることが全て順調だと言われたでしょうか。何の迫害もないと言われたでしょうか。そうではありません。「この世では患難がある。」「わたしについて来たいなら、自分の十字架を負ってついて来なさい」と言われました。また「迫害される人には、天に大きな報いが用意されている。」「わたしはすでに世に勝利した」とも言われました。私たちがみことばを語る時、イエス様がともにいて下さいます。大胆に、忍耐強く語る力を与えて下さることを感謝します。

「主よ。いま彼らの脅かしをご覧になり、あなたのしもべたちにみことばを大胆に語らせてください。御手を伸ばしていやしを行わせ、あなたの聖なるしもべイエスの御名によって、しるしと不思議なわざを行わせてください。」(使徒4:29-30)

|

« 信仰により力を得る | トップページ | 人よりも神に従う »

礼拝」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186781/64158369

この記事へのトラックバック一覧です: みことばを大胆に語る:

« 信仰により力を得る | トップページ | 人よりも神に従う »