« 苦しみをくぐり抜ける | トップページ | 天の励ましを分かち合う »

2016年11月27日 (日)

恵みの輪を世界に広げる

 クリスマスが近づくと、至る所でクリスマスキャロルを耳にします。「キャロル」というのは、もともとフランス語かラテン語で、歌に合わせて踊るダンスの意味だとか。それが後に「踊りのための民謡」とか、「お祭りの歌」という意味になったとのこと。日本でいうと、ソーラン節とか東京音頭みたいなものでしょうか(笑)。J-POPの曲も、今はほとんど踊り付きですね。(PPAPもです!)中世のカトリック教会では、クリスマスやイースターの時にキャロルを歌うようになりました。聖職者たちがラテン語で歌ったそうです。宗教改革以降は、みんなで歌えるようにそれぞれの国の言語に歌詞が翻訳されました。新しい曲も次々に作られました。現在「キャロル」というと、ほとんどがクリスマスの歌です。イエス・キリストの誕生を歌った曲です。ただ日本では、「Amazing Grace(アメイジング・グレイス)」もキャロルと呼ばれたりします。タイトルを直訳すると「驚くばかりの恵み」ですね。キリストの誕生を歌う曲ではありませんが、クリスマスに日本各地で歌われています。教会の集まりに一度も来たことのない日本人でも、一度くらいは耳にしたことがあるからかもしれません。

 「Amazing Grace」は、よく知られているように英国国教会の牧師ジョン・ニュートンが作詞しました。ジョン牧師は若い頃、船乗りでした。奴隷船の船員となり、アフリカからカリブ海や北アメリカに奴隷を運びました。22歳の時、彼の乗った船が嵐で沈みそうになりました。真夜中に目を覚ますと、船が浸水していました。ジョンは生まれて初めて、必死に神に祈りました。すると積み荷が動いて穴がふさがり、浸水が止まったのです。これがきっかけとなり、彼は船の中で聖書を読み始め、イエス・キリストを信じました。母親の影響もあったのでしょう。母は、彼が7歳の頃に亡くなりましたが、熱心なクリスチャンで聖書を読み聞かせてくれました。その後、ジョンは奴隷船の仕事をやめ、牧師になりました。教会の友人とともに、賛美集を作りました。「Amazing Grace」は、その頃書いた詩の一つでした。ジョン牧師は、かつて奴隷貿易に携わった自分の罪深さを自覚していました。神様はそんな彼を罪の中から救い、正しい生き方を教えて下さいました。その「驚くばかりの恵み」を、彼は詩に書いたのです。その後、ジョン牧師は友人の政治家とともにイギリスの奴隷貿易廃止を実現しました。「Amazing Grace」は、奴隷制廃止前のアメリカに伝わりました。20以上の異なるメロディーで歌われ、最終的に現在の曲となったそうです。多くの奴隷たちも歌い、ゴスペルの代表曲となりました。アメリカ全土の教会で歌われ、海外にも伝えられました。神の「驚くべき恵み」を知った人々が、全世界でこの曲を歌うようになったのです。

 神様がユダヤ人を選んだのも、恵みによってでした。アブラハムが特に優れていたのではありません。彼はエジプト王を恐れ、妻を差し出すような人でした。ヤコブは嘘つきでした。モーセは人殺しでした。ギデオンは腰抜けでした。ダビデは略奪婚のため、相手の夫を殺しました。ソロモンは半端ない女好きでした。週刊文春ではなく、聖書がスクープしています。それでも神様は、ユダヤ人を見捨てませんでした。恵みによって選んだからです。

 神のみこころは、ユダヤ人を通し世界中に恵みの輪を広げることでした。イエス様は、彼らの代表としてこの世に来られました。信じる人を恵みの輪に加えるためです。どんなに罪深い人も、信仰を持ち、悔い改めるなら天の御国の輪に入れます。生まれ育ちも能力も、社会的地位も経済力も、関係ありません。ただイエス・キリストの恵みにより、永遠の祝福の輪に加えられるのです。

「私たちが主イエスの恵みによって救われたことを私たちは信じますが、あの人たちもそうなのです。」(使徒15:11)

|

« 苦しみをくぐり抜ける | トップページ | 天の励ましを分かち合う »

礼拝」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186781/64551629

この記事へのトラックバック一覧です: 恵みの輪を世界に広げる:

« 苦しみをくぐり抜ける | トップページ | 天の励ましを分かち合う »