« 神の愛で世界を変える | トップページ | 新しい人生を歩む »

2017年1月 8日 (日)

天の声に導かれる

 今年も大勢の人が、初詣に出かけたようです。クリスチャンの目から見ると、初詣は不思議な現象です。神社やお寺に行く人は、多くの場合、どんな神や仏が祀られているのか気にしません。目に見えない霊的な存在は、その人たちにとって同じようなものなのです。初詣客を迎える神社やお寺の方も、それはよく分かっています。どんなご利益があるかにアピールポイントがあります。健康や合格、商売繁盛、縁結び、安産等。最近は、IT情報の安全もあるそうです。有名な場所には、たくさんの人が集まります。明治神宮や成田山新勝寺、川崎大師がトップ3で、300万人以上集まるようです。一躍、有名になる場所もあります。昨年、「逃げるは恥だが役に立つ」というTVドラマが大ヒットしました。契約結婚のドラマで、テーマソングも大ヒット。エンディングで出演者が踊るダンスは、多くの人が真似しました。ドラマの中で、山梨のお寺と横浜の神社がロケ地になりました。今年、その場所は初詣客が大幅に増えたそうです。若いカップルと家族連れが多かったとのこと。縁結びのお守りもたくさん売れたそうです。

 初詣の参拝後、多くの人はおみくじを引きます。神々や諸仏等に何かお願いした後、その願いが叶いそうかどうか確認するのです。おみくじは、古代中国の占いがもとになっているようです。それが日本風にアレンジされて、江戸時代に広まったという話。明治時代になって、今のような紙のおみくじが売り出されました。山口県の神社の宮司が考案したそうです。その人が設立した会社は、今も全国のおみくじの7割のシェアを占めるそうです。おみくじ製作で「がっちり」ですね。おみくじには、「予言」のような言葉が記されています。もちろん、天地創造の神が与えた預言ではありません。中国や日本の神々や諸仏等が与える「予言」なのでしょう。これから良いことが起きるかどうか、5~7段階で評価します。通知表のようです。一番良いのが大吉で、一番悪いのが凶ですね。10以上の段階に細かく分ける場合もあるそうです。占いやおみくじを信じる日本人は28%とのこと。残念ながら、イエス様を信じる人よりも圧倒的に多いですね。男性は20%、女性は37%の人が信じるそうです。若い人ほど信じる傾向が高いようです。信じる人たちは、おみくじの「予言」を新たな一年の指針とするのかもしれません。

 聖書では、占いを禁じています。天地創造の神以外の霊的存在にお伺いを立てるからです。もちろんそれは、偶像礼拝です。古代メソポタミアの人々は、多くの神々を信じていました。その神々の意思を知るため、人々は占いをしました。アブラハムは、そのような文化の中から救い出されました。古代エジプトの人々も、多くの神々を信じました。神々の像を運ぶ時の動きを見て、疑問に対する答えを得たそうです。モーセたちは、そのような文化の中から救い出されました。ギリシヤやローマの人々も、多くの神々を信じました。神々からお告げを受け取り、占いもしました。イエス様は、そのような文化の中から多くの人々を救い出されました。初詣に行き、おみくじを引く文化の中からも、多くの人が救い出されてほしいですね。

 イエス様は、おみくじとは別の方法で私たちを導いて下さいます。聖書のみことばを通して…。あるいは夢や幻を通して…。預言のことばが語られることもあります。天の羊飼いイエス様の御声に導かれる人は、幸いです。新しい年も、常に祝福の道を歩むことができるからです。

「ある夜、主は幻によってパウロに、『恐れないで、語り続けなさい。黙ってはいけない。わたしがあなたとともにいるのだ。だれもあなたを襲って、危害を加える者はない。この町には、わたしの民がたくさんいるから』と言われた。」(使徒18:9-10)

|

« 神の愛で世界を変える | トップページ | 新しい人生を歩む »

礼拝」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186781/64737117

この記事へのトラックバック一覧です: 天の声に導かれる:

« 神の愛で世界を変える | トップページ | 新しい人生を歩む »