« 神の作品を尊ぶ | トップページ | 祭司の務めを果たす »

2017年3月26日 (日)

旅人の人生を満喫する

 先々週から、私たちのアイデンティティについて考えるシリーズが始まりました。前回は、神の作品がテーマでした。私たちは、神様に造られた高価な作品です。自分自身や周りの人を価値ある芸術品として大切にしなければなりません。今回のテーマは、旅人です。イエス・キリストを信じる人は、天の都を目指す旅人とされています。天の都は、私たちの永遠の住まいです。地上は一時的な滞在地であり、通過点です。私たちは今、旅先にいます。この世界には永遠に留まりません。今日は、私たちの旅について考えてみましょう。

 辞書によると、旅とは「住んでいる所を離れて、よその土地を訪ねること」です。旅には5つほど良いことがあります。1)日常生活から離れ、いつもと違う体験ができます。2)普段抱えているストレスから解放されます。3)普段目にしない光景や人々の生活を見て、新しい発見があります。4)いつもの生活を新しい視点から見直すことができます。5)気分を新たにして、また日常生活に戻ることができます。

 多くの人は、旅が好きなようです。「今後、生活のどのような面に力を入れたいか」というアンケート調査で、「レジャー・余暇活動」と答えた人は、ここ30年以上最も多いそうです。余暇活動のトップは、5年連続で国内観光旅行という調査結果もあります。2015年に日本国内の宿泊施設を利用した旅行者は、外国人を含め、のべ5億人以上とのこと。同じ年、海外旅行をした日本人は1,600万人以上。日本に来た外国人は、約2,000万人。国内の旅先ですることは、1位が温泉を楽しむ。2位が食を楽しむ。3位が自然の風景や花見を楽しむ。そして4位が歴史や文化的な名所を訪れる。私も先週、大阪での娘の結婚式の後、姫路や広島で世界遺産を見て来ました。桜はまだでしたが、温泉や食事を楽しんで来ました。旅を満喫できたことを感謝しています。

 「可愛い子には旅をさせろ」ということわざがあります。ある芸人が、こう言ったそうです。「ブスも旅をさせて。可愛い子限定じゃ不公平だ。」わざとボケたのでしょうが、そういう意味じゃないですね。「可愛い」というのは、見た目ではありません。親が子を愛する思いのことです。ことわざの意味は、こうです。「子供を愛し大切に思うなら、いつまでも親元に置いて甘やかさない方が良い。親元から離して苦労させ、成長する機会を与えなさい。」今は交通機関が発達し、気軽に旅行できます。ネットで何でも調べられるし、普段と違う体験を楽しむこともできます。しかし昔は、どこに行くにも自分の足で歩かなければなりませんでした。スマホもネットもありません。サバイバルゲームのようです。そういう試練を乗り越えるなら、子供はたくましく成長したのでしょう。

 神様は人類を愛し、長い旅に送り出されました。エデンから新しいエルサレムに向かう旅です。旅には試練がありました。箱舟の日々があり、放浪生活もありました。奴隷の日々があり、荒野の生活もありました。数々の戦争や捕囚の生活もありました。試練の連続でしたが、神様は可愛い子供たちの旅を助けられました。試練に打ち勝つ力を与えられました。希望と喜びで、彼らの心を満たされました。イエス・キリストを信じる人は、このツアーに参加することができます。永遠の都である天のエルサレムを目指すことができます。ツアーでは、多くの試練が待ち受けているかもしれません。しかし私たちは、どんな試練にも打ち勝つことができます。史上最強のツアーガイドであるイエス様が、導いておられるからです。ストレスからの解放もあります。新しい発見や新しい視点も与えられます。温泉や花見の時もあるかもしれません。私たちは、旅人の人生を満喫することができるのです。

「これらの人々はみな、信仰の人々として死にました。約束のものを手に入れることはありませんでしたが、はるかにそれを見て喜び迎え、地上では旅人であり寄留者であることを告白していたのです。」(ヘブル11:13)

|

« 神の作品を尊ぶ | トップページ | 祭司の務めを果たす »

礼拝」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186781/65068562

この記事へのトラックバック一覧です: 旅人の人生を満喫する:

« 神の作品を尊ぶ | トップページ | 祭司の務めを果たす »