« 正しく生きる | トップページ | 神の平和の使者となる »

2017年6月25日 (日)

あり得ない望みを抱く

 聖書には、あり得ない望みを抱いた人たちが、何人も登場します。アブラハムは神の約束を信じ、全世界の人々を祝福する望みを抱きました。その時、彼は75歳。今の日本では、後期高齢者です。若い頃と比べると、かなり体力が落ちていたはずです。もう引退して、どこかで静かに暮らしたいと思ってもおかしくありません。8年前のある調査によると、日本では65歳まで働きたいと考える人が41.5%とか。70歳までは27.1%。60歳までは11.8%。全部合わせると、90%以上の人が75歳までに引退を希望しているようです。その年齢になって外国の知らない土地に行き、新しいことを始める人は、ほとんどいないでしょう。ところがアブラハムは、75歳で新たな冒険旅行に乗り出しました。約束の地に向かい、全世界を祝福する旅です。神に示されたカナンの地に着くと、そこには住んでいる人たちがいました。にもかかわらず神は、その地をアブラハムとその子孫に与えると約束されました。全世界を祝福する国を造るためです。目の前の現実を見るなら、カナン全土の所有など、あり得ませんでした。そこに彼らの国ができるとは、全く思えない状況でした。それでもアブラハムは、望みを捨てませんでした。どんなにあり得なくても、神が必ず望みを実現して下さると信じたのです。

 モーセがあり得ない望みを抱いたのは、80歳の時です。彼は、エジプトの王女に拾われ、息子として育てられました。成人すると、王族としての公務も果たしたはずです。しかし40歳の時、ユダヤ人を虐待するエジプト人を殺してしまいました。それがエジプト王に伝わり、モーセは死刑にされそうでした。そこで彼は、エジプトから「高飛び」しました。40年間、ミデヤンの地で羊飼いをしました。おそらく彼は、最期までそこで静かに暮らすと考えていたでしょう。ところが神は、80歳のモーセにこう命じられました。「エジプト王と話をし、ユダヤ人奴隷を解放しなさい。」エジプトは超大国で、支配者の王は神とあがめられていました。一方のモーセはお尋ね者で、住所不定の放浪者です。エジプト王が、彼の言うことを聞くとは思えませんでした。それでもモーセは、神のみこころに従いました。数百万の奴隷を解放するという、あり得ない望みを抱いたのです。神は、その望みを実現させて下さいました。アブラハムの子孫に約束の地を与えられたのです。

 預言者ダニエルも、あり得ない望みを抱きました。長い間バビロニアとペルシャの王宮で働いた彼は、おそらく80代になっていたはずです。彼は、バビロン捕囚の生き残りでした。70年前、祖国が滅亡し、首都エルサレムは破壊されました。ダニエルたちは約束の地から連れ去られ、バビロニアで働かされました。しかしダニエルは、信仰を失いませんでした。何が起きても、神が必ず約束を守られると信じていました。ライオンのいる穴に投げ込まれても、彼の信仰は揺るぎませんでした。80歳を過ぎた頃、いよいよ約束の時が来たと彼は信じました。そして、エルサレムの復興を求めて祈ったのです。エルサレムは70年間、荒れ果てたままでした。現実を見れば、復興など考えられませんでした。それでもダニエルは、望みを抱きました。昔、与えられた予言が、必ず実現すると信じていたからです。ダニエルの望み通り、エルサレムは復興しました。アブラハムの子孫は、約束の地に戻れたのです。そしてイエス様が、その地に来て下さいました。

 イエス様も、あり得ない望みを抱かれました。全人類を罪の支配から解放し、永遠の約束の地に導くという望みです。イエス・キリストを信じる人は、アブラハムの後継者とされます。彼らと同じように、あり得ない望みを抱くことができます。望みを実現する神を信じることができます。イエス様とともに、不可能なミッションを可能にすることができるのです!

「彼は望みえないときに望みを抱いて信じました。それは、『あなたの子孫はこのようになる』と言われていたとおりに、彼があらゆる国の人々の父となるためでした。」(ローマ4:18)

|

« 正しく生きる | トップページ | 神の平和の使者となる »

礼拝」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186781/65455795

この記事へのトラックバック一覧です: あり得ない望みを抱く:

« 正しく生きる | トップページ | 神の平和の使者となる »