« 人々の救いを願い求める | トップページ | 全能の神の「パワースポット」になる »

2017年8月27日 (日)

神の優しさと厳しさを知る

 映画「アメイジング・ジャーニー 神の小屋より(The Shack)」は、9月9日に日本で公開となります。女優のすみれさんが、ハリウッドデビューした話題作です。原作者のウィリアム・ポール・ヤングさんはカナダ人で、両親は宣教師でした。幼い頃、彼は両親の宣教地である西ニューギニアで育ちました。かつてイリアンジャヤと呼ばれ、未開部族が住んでいた土地です。両親はその後、カナダに帰り、牧師になりました。ヤングさんは神学校で学び、大きな教会のスタッフになりました。結婚後、子供が6人生まれました。「神の小屋」は、その子たちのために書いたそうです。最初、自費で15冊作りました。彼の友人たちには、出版を勧められました。でも、26の出版社から断られたそうです。結局、ヤングさんは自分たちで会社を作り、2007年に出版しました。すると口コミで評判が広がり、1年でなんと100万部売れました。さらにニューヨークタイムズのベストセラーリストで、70週連続1位になりました。2年後には1千万部以上売れ、表彰を受けたそうです。多くのクリスチャンは、この本を絶賛しました。しかし、神学的な問題点を指摘する声も多くありました。

 物語は、結婚して子供が5人いるマックが主人公です。彼は、家族で森にキャンプに出掛けます。そこで末っ子ミッシーは誘拐され、殺されます。父親のマックは、心に大きな傷を負います。神への信仰も失いかけます。しかし彼は、神との不思議な出会いを体験します。そして、心の傷が癒されます。私も以前、友人に勧められ、この本を読みました。感動的な結末でした。ただ私にも、気になる点がいくつかありました。その一つは、殺された娘の名がミッシー(Missy)だったこと。Missyは、私の妻のニックネームです(笑)。小説とはいえ、嫌な感じがしました。最も違和感があったのは、父なる神の姿です。「パパ」と呼ばれる人は、ママのようなアフリカ系の女性でした。なぜママが、「パパ」なのか。それには、理由があったのです。でもこの設定には、私以外にも違和感を持つ人が多かったようです。ちなみにイエス様は、ユダヤ系の逞しい男性として登場します。イエス様は大工だったので、イメージ通りですね。聖霊は、不思議な感じが漂うアジア系の女性です。すみれさんは、この役を演じています。

 天の父なる神は、実は男でも女でもありません。神は霊であるため、性別がないのです。「父」というのは、私たち人間の理解を助けるための呼び名に過ぎません。父なる神は、父親のような厳しさも母親のような優しさも、両方持っておられます。父のような力強さで全世界を創造し、母のようないつくしみで私たち一人ひとりを包んでおられます。アブラハムの子孫を特別な子供たちとして受け入れ、親として大切に育てて来られました。時には父のように厳しく、彼らを訓練されました。あるいは母のように優しく、彼らのあらゆる必要を満たされました。彼らが神に反抗すると、父なる神は彼らに厳しく接しました。ついには国を滅ぼし、人々をその地から追い出されました。それでも神は母のように優しく、彼らに寄り添い続けました。捕囚の地でも彼らを決して見捨てず、人々が約束の地に帰る手助けをされたのです。

 イエス様は、神の「霊的DNA」を持つひとり子です。パリサイ人や律法学者たちには、厳しく接しました。社会を指導する立場にいながら、人々を間違った方向に導いていたからです。弱い人や苦しんでいる人には、優しさを示されました。彼らにいつくしみの光を照らし、希望を与えるためです。イエス様は、創造主なる神がどんなお方か教えに来られました。イエス・キリストを通し、私たちは神の優しさと厳しさの両面を知ることができるのです。

「見てごらんなさい。神のいつくしみときびしさを。倒れた者の上にあるのは、きびしさです。あなたの上にあるのは、神のいつくしみです。ただし、あなたがそのいつくしみの中にとどまっていればであって、そうでなければ、あなたも切り落とされるのです。」(ローマ11:22)

|

« 人々の救いを願い求める | トップページ | 全能の神の「パワースポット」になる »

礼拝」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 神の優しさと厳しさを知る:

« 人々の救いを願い求める | トップページ | 全能の神の「パワースポット」になる »