« 互いの違いに配慮する | トップページ | 天の栄光とともに生きる »

2017年9月24日 (日)

天のミッションに誇りを持つ

 先日、土星探査機カッシーニが20年に及ぶミッションを完了し、土星の大気圏で燃え尽きました。カッシーニは、アメリカ航空宇宙局(NASA)などが開発。1997年にフロリダのケープカナベラル空軍基地から打ち上げられました。10種類以上の観測機器や分離して着陸できる小型探査機ホイヘンスを搭載した、総額4,300億円の一大プロジェクトでした。地球から土星まで、約14億キロだそうです。土星周辺に達するまで、7年かかりました。探査機ホイヘンスは予定通り、カッシーニから分離され、土星最大の衛星タイタンに着陸。そこに、液体のメタンでできた川や巨大な湖を発見しました。(都市ガスに使うメタンです。)メタンの雲が空に浮かび、メタンの雨が降ることも分かりました。ホイヘンスからのデータをカッシーニが受け取り、地球に送りました。その後カッシーニは、土星や周辺の輪の鮮明な画像を撮影。南極には王冠のように広がるオーロラ、北極には巨大な六角形の台風がありました。衛星エンケラドゥスからは水蒸気が吹き出し、地下深くに液体の水があると分かりました。微生物がいる可能性もあるとのこと。カッシーニは約80億キロを旅し、45万枚以上の写真を地球に送信。その観測データをもとに、約4千の論文がすでに書かれているそうです。

 燃料切れが近づいたため、カッシーニは土星の大気圏に突入し、焼却処分となりました。宇宙ゴミにならないためです。地球の微生物を他の星に持ち込まないためでもあるそうです。カッシーニから交信が途絶えると、プロジェクトマネージャーのアール・メイズ博士は、こう言いました。「関わった皆さんが、カッシーニが成し遂げた成果に大きな誇りを持つことを願っています。信じがたいほど、素晴らしいミッションでした。これでミッションは終わりです。」NASAの司令室にいた関係者たちから、拍手が沸き起こりました。このプロジェクトに30年近く関わって来たリンダ・スピルカー博士は、次のように語りました。「土星に到着してから13年間に送られてきた全てのデータを完全に理解するには、おそらく何十年もかかる。別れは本当に悲しいが、信じがたいほどに素晴らしいミッションに関わることができて、誇りに感じている。」カッシーニのミッションは、天に輝く土星の神秘を解き明かすことでした。その偉大なミッションに関わった科学者たちは、誇りを持つことができたのです。

 ユダヤ人たちは、神がなさる偉大なみわざ、「天のミッション」に誇りを持って来ました。信じがたいほどに素晴らしいミッションです。神は全宇宙を造り、人を愛されています。詩篇の作者たちは、その真実を告げた神を誇りました。神は驚くべき奇跡により、ユダヤ人をエジプトから解放されました。彼らは、救いの神を誇りました。長年子供がなく苦しんでいたハンナに、神は赤ちゃんを授けられました。ハンナは、祈りに応える神を誇りました。神はダビデを用い、イスラエルに王国を確立されました。ダビデは契約の箱をエルサレムに運び入れ、全国民に呼びかけました。あらゆる戦いに勝利を与える全能の神を誇りとするようにです。しかしユダヤ人は、その後「天のミッション」を忘れてしまいました。真の神ではなく、偶像や自分たち自身に誇りを持つようになりました。そして、彼らの国は滅びました。ほとんどの人々が、「天のミッション」に関わらなくなったからです。

 イエス様は「天のミッション」を回復し、完成させるためにこの世に来られました。イエス・キリストを信じる人は、「天のミッション」の神秘を解き明かすことができます。その偉大なミッションに関わり、誇りを持つことができます。天を見上げ、神の創造の偉大さを誇ることもできます。科学者の中にもその偉大な神秘を知り、信じがたいほどに素晴らしい「天のミッション」に誇りを持つ人がいるかもしれません。

「それで、神に仕えることに関して、私はキリスト・イエスにあって誇りを持っているのです。私は、キリストが異邦人を従順にならせるため、この私を用いて成し遂げてくださったこと以外に、何かを話そうなどとはしません。…」(ローマ15:17-18)

|

« 互いの違いに配慮する | トップページ | 天の栄光とともに生きる »

礼拝」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 天のミッションに誇りを持つ:

« 互いの違いに配慮する | トップページ | 天の栄光とともに生きる »