« ビジョンの成就に力を尽くす | トップページ | 創造主を礼拝する »

2018年2月11日 (日)

神を恐れる

 私が聖書を読み始めた頃、好きだった箇所の一つは旧約聖書の「伝道者の書」でした。その冒頭のことばは、私の心に強く響きました。「空の空。伝道者は言う。空の空。すべては空。日の下でどんなに労苦しても、それが人に何の益になるだろうか。」それは聖書のことばというより、仏教の教えのように思えました。

 若い頃、私は般若心経を暗記したことがあります。仏教式の葬儀でよく唱えられるお経です。「カンジーザイボーサー…」という言葉から始まります。葬儀で唱えても、多くの人はお経の意味を知らないかもしれません。お経は、日本では昔から呪文やおまじないのように使われて来ました。「ちちんぷいぷい」とか「アブラカダブラ」とか「バルス」等と同じです。(最近は「ちちんぶいぶい」もありますね。笑)お経は悪い霊の働きをとどめたり、病気を治すと信じられて来たようです。呪文やおまじないは、言葉の意味より効果が重要です。効果があると信じる人は、言葉の意味を気にしないかもしれません。般若心経には、仏教の根本的な教えが記されているそうです。有名な言葉は、「色即是空」ですね。「全ての存在は空しい」という意味です。このお経を暗記した頃、私はその言葉に共鳴する思いがありました。人生の空しさを感じていたのです。もし人生が食べて出して死ぬだけなら、頑張って生きる意味がないように思いました。それ以上の何かがあってほしいと思いました。仏教の本を少し読みましたが、答えが見つかりません。聖書には、答えがあるのではないかと期待しました。すると聖書にも、仏教の教えと似たようなことばがあったのです。私は驚いて、伝道者の書の続きを読みました。

 伝道者の書を書いたのは、ソロモンだと言われています。彼はダビデの後を継ぎ、イスラエルの王になりました。その時、夢の中に神が現れ、彼に「何がほしいか」と聞かれました。ソロモンは、正しい判断力がほしいと言いました。神はその言葉を喜び、判断力以外でも彼を祝福すると約束されました。ソロモンは優れた知恵を身につけ、非常に豊かになりました。父ダビデが建てられなかったエルサレムの神殿を完成させました。ソロモンの名声は、周辺の国々に広まりました。人から見れば全てが満たされた、うらやましいような人生を彼は送っていました。しかしソロモンは、心に空しさを覚えるようになったのです。知恵が増すと、悩みも多くなりました。事業が成功し超リッチになっても、心は満たされませんでした。数えきれないほどの女性に手を付けても、心の虚無感はなくなりませんでした。苦しみ抜いた末、ソロモンはとうとう空しさから抜け出す道を発見したのです。それは、人生が創造主なる神のプレゼントだと知ること、そして、そのプレゼントを喜んで生きることだったのです。

 ソロモンは、「神を恐れる」ことの大切さを人々に伝えました。「神を恐れる」という表現は、聖書に繰り返し出て来ます。創造主なる神は、確かに怖い存在です。ノアの箱舟に乗らなかった人々は、みな洪水で死に絶えました。ソドムとゴモラの住民は、天からの火と硫黄で滅びました。(「天空の城」の攻撃ではありません!)全知全能の神は誰よりも強く、どんなことも可能です。敵に回すと、限りなく恐ろしい存在です。しかし「神を恐れる」という場合、それはただ恐怖感を持つという意味ではありません。偉大な存在を前にして自分の小ささを自覚し、神に大きな尊敬の思いを抱くという意味です。神を恐れる人は、神の偉大な恵みを知ることができます。神から与えられた人生を喜び、感謝して生きることができます。

 ソロモンの子孫として生まれたイエス様は、世界中の全ての人の味方をしに来られました。イエス・キリストを「恐れる」人は、空しい思いから解き放たれます。人生の意味を知り、喜びに満たされた生き方ができるのです。

「結局のところ、もうすべてが聞かされていることだ。神を恐れよ。神の命令を守れ。これが人間にとってすべてである。神は、善であれ悪であれ、あらゆる隠れたことについて、すべてのわざをさばかれるからである。」(伝道12:13-14)

|

« ビジョンの成就に力を尽くす | トップページ | 創造主を礼拝する »

礼拝」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186781/66383059

この記事へのトラックバック一覧です: 神を恐れる:

« ビジョンの成就に力を尽くす | トップページ | 創造主を礼拝する »