« 神の家を建て直す | トップページ | 復活の主イエスを礼拝する »

2018年3月25日 (日)

真心から神に近づく

 先週、妻と私は病院に入院中のある人をお見舞いしに行きました。初めての病院だったので、私は建物の中をあちこち見回しました。ふと目に着いたのは、玄関ロビーに飾ってあった雛人形です。3月ももう後半なのに、まだ飾ってあるのかと思いました。「雛祭りが終わるとすぐ片づけた方が良い」という言い伝えが、日本にはあるからです。「まだ飾ってていいのかな?ここにはもう、結婚しそうな人いないのかな?」と、妻と話をしました。(後で調べたら、3月3日の後、長い間飾る地方もあるそうです。)雛人形を見た妻は、あることに気が付きました。5段飾りの人形の並べ方が間違っていたのです。右大臣、左大臣が一番下で、その上に「仕丁(しちょう)」と呼ばれる雑用係が並べられていました。「下剋上」だったのでしょうか(笑)。

 雛人形は、中国や日本の古い信仰に由来するそうです。古代中国では、3月上旬に川の水で体をきよめ、災いを祓ったとのこと。日本では草木や紙で人の形を作り、それを撫でて自分の厄(災い)やケガレを移し、水に流しました。これが雛人形の起源とされています。今でも地方によっては、「流し雛」という習慣が残っていますね。時代とともに雛人形は、豪華になりました。そのため川に流さず、家の中に飾るだけになったようです。(その場合、厄やケガレはどうなるのでしょう? 笑)「ひとがた(人形)」を流すという信仰は、雛祭り以外にも見られます。多くの神社では年2回、大祓(おおはらえ)という行事をするようです。人々が知らずに犯した罪やケガレを祓いきよめる行事だそうです。紙を人の形に切り抜き、それに自分の罪やケガレを移して川や海に流します。そのようにして自らをきよめ、神々のみこころに近づくという信仰が、今でも神道にあるようです。

 この「ひとがた」信仰は、旧約聖書の「いけにえ」とよく似ています。人の罪は動物のいけにえに移され、その血により罪が洗い流されるのです。イスラエルの大祭司は、毎年秋に特別ないけにえをささげました。国全体の罪をきよめるため、山羊が2匹選ばれました。1匹はほふられ、その血は国立の礼拝所である幕屋や神殿に振り掛けられました。幕屋や神殿を1年間の汚れからきよめるためです。もう1匹の山羊は1年間のイスラエルの罪を背負い、荒野に追放されました。(この山羊が、いわゆるスケープゴートです。)こうして彼らの国は1年間の罪がきよめられ、人々は再び神に近づくことができました。この秋の「ひとがた」は、幕屋や神殿がなくなりささげられなくなりました。しかしユダヤ人は、今も毎年春に別のいけにえをささげます。今週金曜夜から始まる過越の祭りです。いけにえはもちろん、子羊。(私は道産子なので、ジンギスカンにしたいですね! 笑)出エジプトの時、子羊はユダヤ人の長子の身代わりになりました。羊の血を塗った家の長子は命が救われ、塗らなかった家の長子は命を落としました。いけにえの子羊は、長子の罪の身代わりをしたと言えます。イスラエルの春の「ひとがた」は、長子の罪を祓いきよめたのです。

 イエス様は、全ての人の「ひとがた」となるため、この世に来られました。私たちの罪やケガレを背負い、十字架の血で全て洗い流して下さいました。今週金曜日は、その記念日です。イエス様は新しい契約に基づく大祭司として、自分自身をいけにえにされました。全人類の罪を背負ったイエス様が死の世界に追放されることにより、私たちは神に近づけるようになったのです。イエス・キリストを信じる人は、神の祝福を受け継ぐ長子とされます。罪がきよめられ、死のさばきから救われ、神に近づく恵みを手にすることができるのです。

「また私たちには、神の家を治める、この偉大な祭司がおられるのですから、心に血が振りかけられて、邪悪な良心をきよめられ、からだをきよい水で洗われ、全き信仰をもって真心から神に近づこうではありませんか。」(ヘブル10:21-22)

|

« 神の家を建て直す | トップページ | 復活の主イエスを礼拝する »

礼拝」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186781/66536981

この記事へのトラックバック一覧です: 真心から神に近づく:

« 神の家を建て直す | トップページ | 復活の主イエスを礼拝する »