« 風と共によみがえる | トップページ | 荒野の真中で愛を叫ぶ »

2018年5月27日 (日)

天からのギフトを受け取る

 贈り物が好きな人は、多いですね。日本では、1年を通してプレゼントを贈る習慣があります。1月は新年の挨拶のお土産やお年玉、成人式のお祝い。2月はバレンタインデー。3月は雛祭りのお祝いやホワイトデー、卒業祝や退職祝。4月は入学・進学・就職のお祝い。5月は子供の日や母の日。6月は父の日。7月はお中元。8月は帰省のお土産。9月は敬老の日のプレゼント。10月は私の誕生日(笑)。11月は七五三。12月はお歳暮やクリスマスプレゼント。この他にも結婚祝や出産祝、長寿のお祝いがあります。周りの人の誕生日や結婚記念日等もあります。贈り物をあげたり、もらったりするのは、私たちの生活の大切な一部分です。

 昨年のある調査では、日本国内で購入されるギフトを合わせると、1年間で約10兆円になるそうです。日本の国家予算の1/10ほどです。お中元やお歳暮、結婚祝等、儀礼的なギフトは減少傾向で、増えているのは身近な人へのカジュアルな贈り物とのこと。品物は、食品が圧倒的に多いそうです。母の日にも、花とスイーツのセットが人気だと聞きます。そう言えば私も今年、カーネーションと和菓子を一緒に買いました(笑)。贈る側と贈られる側が一緒に楽しむ「共有型ギフト」も、増えているそうです。例えば、母と娘とのランチや父の日のお取り寄せグルメ、敬老の日の温泉や写真撮影等。一緒に楽しめるなら、贈る側の人も一層楽しみですね。最近は、メールやLINE、Facebook等を通してプレゼントを贈る人も増えているようです。これらは、「ソーシャルギフト」と呼ばれるそうです。ネット時代の新しい形のギフトですね。

 聖書の時代には、ネットはありませんでした。でも人々は、天からたいへん貴重なギフトをいただきました。聖霊のギフトです。アブラハムは聖霊を通し、祝福のメッセージを受け取ったと言えます。「あなたの子孫を通し、全世界が祝福される」と聖霊は語られました。モーセには、聖霊による奇跡の力が注がれました。ユダヤ人奴隷をエジプトから解放するためです。シナイ山では聖霊を通し、神の教え(律法)が授けられました。荒野の40年間は、食品のギフトも欠かさずいただきました。モーセの後継者ヨシュアも、聖霊のギフトを頂戴しました。聖霊の導きにより、彼らは約束の地を拝領したのです。羊飼いの少年ダビデも、聖霊のギフトをいただきました。将来、イスラエルの王となるためのギフトです。聖霊が与えた信仰により、彼は巨人ゴリヤテとの戦いに勝利しました。ダビデには、イスラエル統一王国と首都エルサレムもプレゼントされました。そして彼は聖霊を通し、自分の子孫が永遠の王となるメッセージも受け取ったのです。

 イエス様はアブラハムの子孫、ダビデの子孫としてこの世に来られました。聖霊のギフトにより全世界を祝福する、永遠の王です。私たちは、伝統と文化の奴隷でした。罪と死の呪いに縛られていました。それらの呪縛から、イエス様は私たちを解放されました。十字架により、全ての人の罪を帳消しにされました。そして聖霊の力により、復活の奇跡を行われました。

 聖霊のギフトは今、イエス様を通し、世界中の人に贈られています。他にどんなギフトがあるのかも、聖霊は教えて下さいます――創造主なる神の恵み、救い主イエス、永遠のいのち、希望に輝く人生――。聖霊を通し、私たちは神が造られた世界を正しく理解することができます。自分自身を正しく理解することができます。神の愛の素晴らしさを正しく理解することができます。聖霊により私たちは、イエス様から始まった新しい時代にふさわしい生き方ができます。聖霊は、天から私たちに贈られた「共有型ギフト」です。贈る側の神も贈られる側の私たちも、一緒に楽しむことができます。お金で買えない価値がある、天からのギフトは、まさに「プライスレス」です。

「その後、わたしはすべての人にわたしの霊を注ぐ。あなたがたの息子や娘は預言し、老人は夢を見、青年は幻を見る。その日わたしは、男奴隷にも女奴隷にも、わたしの霊を注ぐ。」(ヨエル2:28-29)

|

« 風と共によみがえる | トップページ | 荒野の真中で愛を叫ぶ »

礼拝」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186781/66765531

この記事へのトラックバック一覧です: 天からのギフトを受け取る:

« 風と共によみがえる | トップページ | 荒野の真中で愛を叫ぶ »