« 天国のヒーローづくりに参加する | トップページ | 良い心を持つ »

2018年7月15日 (日)

本物のキリストを信じて生きる

 先日、オウム真理教の教祖や元幹部に死刑が執行されました。地下鉄サリン事件から、23年です。ずいぶん時間が経ちました。事件当時、私は3年間の米国留学を終え、そろそろ帰国する頃でした。阪神淡路大震災の直後でもあり、日本は大変な時を迎えていると感じました。悪いニュースばかりでなく、良いニュースを伝える必要があるとも思いました。「尊師」が語る偽物の真理ではなく、聖書が語る本物の真理、イエス・キリストの福音です。

 オウム真理教は、最初はヨガ教室だったそうです。ヨガは、もともと仏教やヒンズー教等の修行方法でした。輪廻(生まれ変わりのサイクル)からの自由を目指す修行です。麻原教祖はその自由を手にし、超能力を身に付けたと主張しました。自分はヒンズー教の最高神の一人、シヴァの生まれ変わりだと言いました。その後、自分のことをキリストだとも言ったようです。自らを神格化した教祖は、さまざまな宗教をごちゃ混ぜにした教えを「真理」だと語りました。1989年には、信者が約1万人いたそうです。90年の衆議院選には、25人が立候補しました。全員落選しましたが、派手な選挙活動がテレビで放映され、宣伝になりました。教祖は盛んにテレビやラジオの番組に出演し、雑誌のインタビューを受けました。講演会を開き、出版物もたくさん発行しました。でも人目につかない場所では、邪悪な種が芽を出しつつありました。教祖に従わない信者は殺されました。批判活動をした弁護士も家族ごと殺されました。選挙で負けた後、教祖は無差別テロを計画し始めました。次々と人を殺し、ついに地下鉄サリン事件が起こりました。教祖は偽のキリストで、彼が教えた「真理」も偽物でした。教えに従った弟子たちは、多くの人のいのちを計画的に奪ったのです。

 驚くべきことにオウム真理教は、名前を変えて今も活動を続けているようです。Alephという名前です。Aleph(アレフ)とは、ヘブライ語アルファベットの最初の文字で、英語のAにあたります。「一から出直して再出発するため、この名称とした」という説明があったようです。なぜヘブライ語を選んだのかは、よく分かりません。数学でアレフ(ℵ)は、無限集合を表わす記号とのこと。数えきれないものの集まりです。ひょっとしたら、数えきれないほど多くの信者を集めたいという意味で、この名前を選んだのかもしれません。

 ヘブライ語のアレフは、数字の1も表わします。唯一の神を表わすと言われます。その文字は上のカンマのような曲線、斜めの直線、下の逆カンマのような曲線という3つの部分から成り立っています。唯一の神を表わす文字に3つの部分があるというのは、面白いですね。まるで父、子、聖霊の三位一体の神を表わしているようです。上のカンマは天の領域、下の逆カンマは地上の領域、斜めの線はその2つをつないでいるとも言われるようです。もしそうなら上のカンマは父なる神、下の逆カンマは子なる神イエス、斜め線は聖霊なる神ともイメージできますね。そう考えるとアレフの文字は、それ自体が重要な真理を表わすかのようです。「父なる神から聖霊を注がれたイエスこそが、キリストだ」という真理です。Alephの信者の人たちも、この真理を知ってほしいですね。

 本物と偽物を見分けるため、私たちには聖書が与えられています。聖書のみことばは、天国のハズキルーペのようです。このルーペをかけると、世界は変わる。本物と偽物の違いが、大きく見えちゃうんです。聖書のみことばを通し、私たちは本物のキリストと出会います。偽物でなく、本物を信じることができます。新しいいのちを受け取ります。その良いニュースを他の人に伝えることもできるのです。

「イエスはこれを聞いて驚き、振り向いて、ついて来ていた群衆に言われた。『あなたがたに言いますが、わたしはイスラエルのうちでも、これほどの信仰を見たことがありません。』」(ルカ7:9)

|

« 天国のヒーローづくりに参加する | トップページ | 良い心を持つ »

礼拝」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186781/66942049

この記事へのトラックバック一覧です: 本物のキリストを信じて生きる:

« 天国のヒーローづくりに参加する | トップページ | 良い心を持つ »