« 良い心を持つ | トップページ | 神の国の人材を祈り求める »

2018年8月12日 (日)

神の国の救命士になる

 今年は、異常な暑さで熱中症になる人が大幅に増えています。私も一度か二度、あやしい日がありました。皆さんは大丈夫でしょうか? 7月に熱中症になり、救急車で運ばれた人は、全国で52,819人とのこと。過去最多です。8月1日から5日までの5日間で、さらに1万人余りの人が運ばれました。医師が最初に診断した時点ですでに亡くなっていた人は、7月だけで124人だそうです。ネットでは、名古屋市消防局の公式ツイッターも話題になりました。こういう書き込みです。「出動が連続し消防署に戻れない時は、救急車でコンビニ等に立ち寄り飲料水等を購入する場合があります。その際も出動態勢は維持していますので、ご理解をお願いします。」救急隊員も熱中症で倒れたら大ごとですね。私たちも救急車のお世話にならないよう、気を付けたいと思います。

 実は私の家族は、一番下の子以外、みな救急車で運ばれたことがあります。熱中症ではありません。私は交通事故です。所沢駅前で原付バイクに乗り、タクシーとぶつかりました。大きなケガではなかったですが、タクシー運転手が救急車を呼びました。私は公衆電話から、妻にこう電話しました。「これから救急車で病院に運ばれるんだけど、来れる?」妻は真っ青な顔をして、救急車と同じくらい早く現場に走って来ました。動揺していた妻も、一緒に病院まで運ばれました。新婚3週間でした。翌年、一番上の娘が函館で生まれました。生まれた途端、救急車で運ばれました。小さかったので、産婦人科の医院から未熟児病棟のある総合病院に送られたのです。二番目の男の子は、小学生の頃、救急車に乗りました。北海道・七飯町の公園で友達と遊んでいたら、ブランコが頭に当たり、血が止まらなくなったのです。友達が近くの家に駆け込み、救急車を呼んでくれました。そういうわけで、救急車には家族ぐるみでお世話になっています。お騒がせ家族です(苦笑)。日本の救急車には、26年前から救急救命士が乗っているそうです。病院に運ばれる人の命を救うため、救急処置を行う人です。私の家族は、それ程重症ではありませんでしたが、重症の人は救急車の中で救命士の助けを受けるはずです。

 世界中の全ての人は、死に至る重い病気にかかっています。罪という名の病気です。残念ながら多くの人は、自分の病気に全く気が付いていません。自分は健康で、何の治療も必要ないと思い込んでいます。熱中症に気が付かない人のようです。私たちの体は、天から注がれる水を必要としています。聖霊の水です。罪という病気があると、この天の水を体が受け付けせん。しばらくの間は、地上で生きています。天から水が注がれなくても、何の問題もないと思っています。でもそのまま何もしなければ、水分不足で死んでしまいます。不幸なことに多くの人は、この死をごく普通の出来事だと考えています。天の水により不治の病が癒され、永遠のいのちが与えられることを知らないか、または信じないのです。

 イエス様は、私たちに天のいのちの水を与えに来られました。イエス・キリストを信じる人には、聖霊の水が注がれます。死に至る病が癒され、永遠のいのちを受け取ることができます。イエス様は、不治の病を癒す史上最強のスーパードクター、「神ドクター」です。このドクターは今、神の国の救命士をあらゆる場所に遣わされています。天の救急車を派遣し、天の水が必要な人を助けられています。「神ドクター」は、新たな救命士の募集もされています。天からいのちの水を受け取る人は、誰でもこの働きに加わることができるのです。

「イエスは皆に言われた。『だれでもわたしについて来たいと思うなら、自分を捨て、日々自分の十字架を負って、わたしに従って来なさい。自分のいのちを救おうと思う者はそれを失い、わたしのためにいのちを失う者は、それを救うのです。』」(ルカ9:23-24)

|

« 良い心を持つ | トップページ | 神の国の人材を祈り求める »

礼拝」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186781/67048793

この記事へのトラックバック一覧です: 神の国の救命士になる:

« 良い心を持つ | トップページ | 神の国の人材を祈り求める »