« 神の愛をともに喜ぶ | トップページ | 人生のロールモデルとなる »

2019年6月 9日 (日)

新たなヒーローの油注ぎを祈る

 旧約の時代、ヒーローはごく一握りの人たちでした。神に特別に選ばれ、用いられた人々です。預言者エリヤも、その一人。エリヤの時代、イスラエルの国は2つに分裂していました。北のイスラエル王国と南のユダ王国です。エリヤは北王国にいました。そこでは、国を挙げて偶像の神々を拝んでいました。(残念ながら、日本と似ていますね。)国王夫妻が率先し、偶像礼拝を広めていたのです。王の名はアハブ、王妃はイゼベル。旧約時代を代表する、悪名高き国王夫妻です。エリヤは、たった一人で国の指導者たちと対決しました。カルメル山で、驚くべき奇跡を行いました。エリヤを遣わした神が本物で、偶像の神々は偽物だと証明したのです。エリヤは、歴史に残る偉大なヒーローの一人となりました。ところが国王夫妻は、自分たちの誤りを認めませんでした。偶像礼拝をやめるどころか、預言者エリヤを悪者にし、抹殺しようとしたのです。

 神はその時、エリヤに新たなミッションを与えられました。彼の働きを引き継ぐ、新たなヒーローをつくることです。「エリシャに油を注ぎ、あなたに代わる預言者としなさい」と、神は言われました。「油注ぎ」には、特別な意味がありました。神から重要な働きが委ねられたという意味です。当時はイスラエルの王や祭司、預言者等、一部のリーダーだけが油注ぎを受けました。エリシャの場合は、預言者エリヤの働きを引き継ぐための油注ぎでした。その後、エリシャはエリヤの弟子として数々の奇跡を行いました。神のことばを大胆に語りました。歴史的なヒーローが、新たなヒーローを生み出したのです。

 油注ぎの油は、聖霊を象徴しています。油自体に、魔法のような不思議な力があったのではありません。油注がれた人には、聖霊が注がれたのです。全能の神の霊的な力により、旧約時代のヒーローたちは偉大な働きを成し遂げました。モーセは海を2つに分け、ユダヤ人をエジプトから解放しました。ヨシュアは、約束の地を勝ち取りました。ダビデは、イスラエルの王国の基礎を築きました。エリヤは、偽預言者との戦いに圧勝しました。そしてエリシャも、預言者として大活躍しました。アハブ王家に代わる新たな国王にも、エリシャの命令で油が注がれました。神はヒーローたちに次々と聖霊の油を注ぎ、大きく用いて下さったのです。

 イエス様の到来とともに旧約時代は終わり、新約の時代が始まりました。一部の人でなく、全ての人がヒーローになる新しい時代です。イエス・キリストを信じるなら、誰にでも聖霊が注がれます。神の国の偉大な働きが委ねられます。ごく一部の偉い人だけに油が注がれる古き時代は、過ぎ去りました。どんな人も油注ぎを受け、神の国のヒーローになれる時代が来たのです。

 今日は、ペンテコステです。イエス様を信じるあらゆる人に、初めて聖霊が注がれた記念日です。聖霊の恵みを感謝しましょう。そして祈りましょう。聖霊の油が、新たにヒーローとなる人々にも溢れるばかりに注がれるように・・・。

「これは、預言者ヨエルによって語られたことです。『神は言われる。終わりの日に、わたしはすべての人にわたしの霊を注ぐ。あなたがたの息子や娘は預言し、青年は幻を見、老人は夢を見る。その日わたしは、わたしのしもべにも、はしためにも、わたしの霊を注ぐ。すると彼らは預言する。』」(使徒2:16-18)

|

« 神の愛をともに喜ぶ | トップページ | 人生のロールモデルとなる »

礼拝」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 神の愛をともに喜ぶ | トップページ | 人生のロールモデルとなる »