« 健全な神の家族となる | トップページ | 良いニュースをシェアする »

2020年2月23日 (日)

永遠の光で輝く

 中国・武漢市から広がった新型コロナウィルスは、世界中に感染が広がっています。感染者や死者の数が、日々増加。メディアには毎日ウィルス関連のニュースが流れ、多くの人が不安を抱えています。マスクや消毒液は、ほぼ売り切れ状態。政府の対策のお粗末さに怒る人もいます。豪華客船に乗っていた人たちは、多くの人が船内で感染しました。日本の対応は最悪だと海外で批判が高まり、船から自国民を避難させる国も出て来ました。感染経路不明の感染者が、日本のあちこちで続出しています。感染の疑いがあっても、検査してもらえない人もいます。国全体の検査態勢が整っていないからです。感染を避け、イベントの中止も目立って来ました。東京オリンピックやパラリンピックへの影響も、懸念されています。被害が最小限にとどまり、いち早く終息するようにお祈りしています。

 この大騒動の中、武漢に住むある牧師の手紙がネット上で紹介されました。今からひと月前の手紙です。「これは信仰のテスト」だと牧師は言い、以下のような内容の文章(一部抜粋)を記しています。

 「神は、私たちを滅ぼそうとしていない。この試練を用い、私たちをしっかり立たせようとしている。クリスチャンは、他の人とともに苦しむだけでなく、祈る責任がある。病気を恐れる人々に平安があるように祈るのだ。」「キリストは、私たちに平安を下さった。それは、私たちが災害や死を免れるということではない。災害や死に直面しても平安があるということだ。キリストは、それらに勝利された。」「クリスチャンにとって、困難は神罰ではない。それは神に近づき、魂がきよめられ、良い知らせを伝える機会なのだ。」

 「武漢の疫病も、キリストの愛から私たちを引き離すことはできない。・・・たとえ感染して命を落としても、それはキリストを証しし、主の栄光に入る良い機会だ。」「私たちはこの街のアブラハムであり、ヨナである。神のあわれみを祈り求め、祈りと証しを通して、この街に平安をもたらさなければならない。」

 信仰の父アブラハムは、ソドムため祈りました。神は、罪に満ちたその町を滅ぼす計画でした。それを知ったアブラハムは、神にこう訴えました。「もしかしたら町の中に、正しい人が10人いるかもしれません。それでも町全体を滅すのですか。神は、正しい裁きを下すはずです。正しい人が罪人と一緒に滅ぼされるのは、間違っています。」神はこの祈りを聞き、正しい人が10人いたら町を滅ぼさないと、約束されました。

 預言者ヨナは、ニネベで神のことばを伝えました。ニネベはイスラエルの天敵アッシリアの首都であり、悪に満ちた町でした。ヨナはいやいやながらそこに行き、町の中でこう叫びました。「ニネベは40日で滅びる。」すると驚いたことに人々はヨナの警告を受け入れ、神を信じ、悔い改めました。彼らは神に赦され、ニネベの町は滅びなかったのです。

 私たちにも今、アブラハムやヨナ、そして武漢の牧師のような生き方が求められています。暗闇に永遠の光を輝かせる生き方です。神の国の希望をしっかり握り、人々に語りましょう。不安や恐れを持つ人に平安があるよう、祈りましょう。イエス様は、暗闇の世界に永遠の希望の光を照らされました。イエス・キリストを信じる人は、その光を受け、どんな闇の中にも永遠の光を輝かせることができるのです。

「しかし、神の人よ。あなたはこれらのことを避け、義と敬虔と信仰、愛と忍耐と柔和を追い求めなさい。信仰の戦いを立派に戦い、永遠のいのちを獲得しなさい。・・・」(Ⅰテモテ6:11-12)

|

« 健全な神の家族となる | トップページ | 良いニュースをシェアする »

礼拝」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 健全な神の家族となる | トップページ | 良いニュースをシェアする »