« 天の恵みでパワーアップする | トップページ | 天命を全うする »

2020年3月15日 (日)

困難に勝利する

 イタリアでは、新型コロナウィルスの感染が急速に拡大しているとの話です。バチカンでは先週、サンピエトロ大聖堂と同広場が閉鎖されました。その2日前の日曜日、フランシスコ教皇はビデオ中継でメッセージを語り、祈りをささげました。通常は宮殿の窓から、広場に集う巡礼者たちに語るそうです。しかし先週はウィルス対策のため、インターネットでライブ配信され、広場の大型スクリーンにも映像が映し出されました。いつもは広場に何万人も集まるそうですが、先週は数百人だったとのこと。

 教皇は、中継を通して人々にこう語りました。「祈りの中で私は今、コロナウィルスの感染に苦しむ人や、お世話をする全ての人のすぐそばにいます。」「信者の方は信仰の力、希望の確信、愛の熱意をもってこの困難な時を生きるようにお奨めします。」

 カトリック教会は、2月の最終水曜日からレントと呼ばれる特別な季節に入っています。復活祭の準備期間です。イエス・キリストの受難を思い、40日間断食し、悔い改め、善い行いに励む期間。日曜日を除くため、実際には復活祭の46日前から始まります。2月末、教皇はカトリックの人々に、こう呼びかけました。「世の中は、言葉の暴力にあふれています。このレントの期間、テレビやインターネット、携帯から離れ、聖書を開きましょう。」カトリック以外の人にとっても、耳を傾けるべきメッセージかもしれません。

 プロテスタントでも、レントの習慣を守る教会があるようです。でもこの習慣は、聖書の中には出て来ません。いつ、どのように始まったのか、はっきりしないようです。ですからこの期間、特に何もしない教会もたくさんあります。私たちの教会も何もしませんが、カルトではないのでご安心下さい。(笑)

 聖書の中で、40という数字は試練やテスト、検査の期間を象徴しています。ノアの時代には、40日間大雨が降りました。洪水の試練の始まりでした。モーセは、最初の40年はエジプトの宮殿、次の40年はミディアンの荒野で過ごしました。シナイ山で十戒を授かった時は、40日間の断食。それらは、モーセのテスト期間でした。ユダヤ人たちは40日約束の地を偵察し、検査しました。彼らの信仰がテストされる時でもありました。その後ユダヤ人は、40年間シナイの荒野をさまよいました。試練を通し、彼らの信仰がテストされたのです。

 預言者ヨナは、「40日後にニネベは滅びる」と警告しました。ニネベの人々は、40日間のテストを受けたのです。エリヤは40日間断食し、シナイ山に行きました。彼の信仰のテスト期間でした。イエス様も40日断食し、誘惑という試練に勝利されました。復活後は、40日間弟子たちとともにおられました。弟子たちが、復活の事実を検査する期間でした。同時にそれは、彼らの信仰のテスト期間でもあったのです。

 新型コロナウィルスの試練は、40日では終わらないかもしれません。でも今、私たちはテスト期間中です。イエス・キリストを信じ、困難に勝利できるかどうかのテストです。テスト中、私たちは聖書を自由に開き、みことばを検査、チェックできます。イエス様はいつも私たちとともにいて、合格点がとれるように助けて下さいます。どんな難問にも対応できる力を与えて下さいます。このテスト期間を通し、私たちはイエス様の大いなる恵みと力を体験できるのです。

「終わりの日には困難な時代が来ることを、承知していなさい。」(Ⅱテモテ3:1)

|

« 天の恵みでパワーアップする | トップページ | 天命を全うする »

礼拝」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 天の恵みでパワーアップする | トップページ | 天命を全うする »