« 神のことばにより生きる | トップページ | 天の祝福の管となる »

2020年7月12日 (日)

天の国王をほめたたえる

 全世界で今、国や自治体トップのリーダーシップが問われています。迅速で的確なコロナ対策や経済対策が求められているからです。日本では、大雨による自然災害も発生しました。次々と発生する諸問題を解決し、人々の必要に十分応えることが、リーダーたちに期待されています。先週は、小池百合子さんが東京都知事に再選されました。東京は、日本の政治経済の中心地です。人口と予算規模だけでなく、今はコロナ感染も東京に一極集中しているようです。東京都知事をはじめとする全世界のリーダーが、与えられた役割を十分に果たせるようにお祈りしています。

 最近、リーダーシップが高く評価されている人もいます。デンマークの首相メッテ・フレデリクセンさんも、その一人。昨年、デンマーク史上最年少の41歳で首相に就任した、同国2人目の女性首相です。デンマークは立憲君主制ですが、国王もここ50年近く女性です。日本とは、ずいぶん様子が違いますね。政権支持率はパンデミック前40%前後でしたが、5月下旬には85%に急上昇しました。

 デンマーク政府は早い段階でロックダウンを決め、3~4ヶ月分の休業補償をしたそうです。人々の疑問や不安にも、政府は的確かつスピーディーに回答しました。首相は、子供たちのビデオによる質問に答える形の会見も放送したそうです。「外出しても良いか」という質問には、「大丈夫。でも互いに距離をとって下さい」と答えました。「友達を呼んで誕生会をしても良いか」という問いには、「誕生日おめでとう。でも延期を勧めます」と回答。若者に対しては、こんなビデオメッセージが首相から発信されました。「皆さんが自分のためでなく、人のために我慢していることを私は知っています。・・・私たちは、あなたたち若者を誇りに思っています。」こんな人がリーダーなら、確かに支持率は上がりそうですね。

 でも聖書は、人ではなく、神のリーダーシップに期待しなさいと教えています。神の国のトップは、全知全能の神だからです。神の国は立憲君主制ではなく、絶対王政です。絶対的な力を持つ神が君臨し、統治もされています。神中心の国なので、もちろん民主主義ではありません。でもそれは全ての人にとって最も幸いな国だと、聖書が語っています。

 約束の地に入ったユダヤ人は、天の国王に従う新しい生活様式が求められました。神の教えを守り、あらゆる問題解決を神にゆだねる生き方、「神の国モデル」の生活様式でした。ところが残念ながら、圧倒的多数のユダヤ人はその新しい生活様式を捨て去ってしまいました。天の国王に反逆し、神の代わりに人を国王に選びました。国のトップが悪い模範を示すと、国民もそれに倣いました。そして、彼らの国は滅びました。全世界のモデルとなるはずの生活様式を彼らが拒否したからです。

 ダビデは2代目の国王になりましたが、新しい生活様式の重要性をよく理解していました。本当の国王は天におられると、彼は自覚していたのです。そして、人々にこう証言しました。「神の国の王が私を造り、私を救い、私をイスラエル国王にして下さった。この偉大な神を、私は永遠にほめたたえる。」

 イエス・キリストは、天におられる国王です。どんな問題が起きても、私たちはイエス様のリーダーシップに期待できます。その全知全能の力により、どんな難問も解決されるからです。イエス様は私たちのあらゆる疑問に誠実に答え、励ましのメッセージを語って下さいます。天の国王は今、世界中の人々から強く支持され、賞賛されているのです。

 今日はダビデが書いたとされる詩篇145篇を通し、私たちはイエス様のどんな点をほめたたえるのか考えてみましょう。

 第一に私たちは、王権の威光をほめたたえます(詩篇145:1-2)。ダビデは、神の偉大さを告白しています。神は、永遠にほめたたえられるべき王です。全世界を創造され、全てを治めておられます。宇宙空間のあらゆる天体を定位置に置き、一定のルールで動かしておられます。地球上のあらゆる生き物に命を与え、全ての必要を満たしておられます。人類の代表としてアブラハムを選び、数え切れないほどの子孫を与え、約束の地に住まわせて下さいました。そして羊飼いの少年ダビデを選び、数々の戦いに勝利を得させ、イスラエルの国王にされました。ダビデの子孫から永遠の国の王が生まれるとも、神は約束して下さいました。来たるべきメシアの約束です。神の計画は、永遠の大きさを持っています。人の思いや力を遙かに超えています。だからこそ私たちは、神の王権の偉大さを永遠にほめたたえるのです。

 天地創造の神は、偉大なみわざを成し遂げて来られました(詩篇145:5-6)。神が造った作品の一つひとつは、製作者の偉大さを物語っています。宇宙全体が、神の見事な作品です。地球は、人が住むのにふさわしい場所として造られています。どんなに小さな生き物も、実に複雑な仕組みによってできています。人間の体の複雑さも、奇跡的です。神は人類の歴史にも介入され、さまざまな奇跡を行われました。100歳と90歳の老夫婦から、赤ん坊が生まれました。牢獄にいたある外国人奴隷は、その国のトップリーダーに選ばれました。数百万人の奴隷が集団脱走し、追っ手の軍隊は滅びました。その元奴隷たちは、荒野で40年生き延びました。ダビデ自身も数々の危機を乗り越え、国王に任命される奇跡を体験しました。その全てが、神の偉大なみわざでした。私たちもこのお方の偉大なみわざを知り、ほめたたえる奇跡を体験しています。

 第二に私たちは、愛の統治をほめたたえます(詩篇145:8-9)。神の国は、愛に満ちています。国王である神が、愛と憐れみに溢れたお方だからです。もし神がとてつもなく冷酷で、ただ厳しいだけだったら、どうだったでしょう。アダムとエバが罪を犯した時点で、人類は終わりでした。神は人類を滅ぼし、人類なしの世界を永遠に楽しんでおられたかもしれません。でも神は人類を愛し、憐れみ、アダムとエバにやり直しの人生を用意されました。彼らの将来に祝福の計画を立てておられました。人類の代表として選んだユダヤ人たちが何度しくじっても、神の愛と憐れみは決して消え去りませんでした。そして、ついに神ご自身が人類全体の罪を背負い、十字架の上で命を捨てて下さったのです。神の愛と憐れみは今、ゴルゴタの丘から全世界に溢れ流れているのです。

 この限りない愛を知った人は、世界中で神に感謝をささげています(詩篇145:10)。イエス・キリストを信じる人は今、神の愛の支配を知り、喜ぶことができます。アダムとエバの時代以来、この世は壊れた状態にありました。天地創造の神を忘れ、愛を知らずに生きている人が今も大勢います。多くの人間関係にひびが入っています。次から次へと起こる問題を人のせいにし、互いに批判し合っています。でも実際は、自分の心の中の大きな問題に気づいていません。神の愛を知らず、創造主に感謝もできないという問題です。イエス様は、この問題を解決しに来られました。十字架を通し、全世界に神の愛を伝えて下ったのです。イエス様を信じる私たちは、全世界に拡がる神の国が限りない愛に満ちていることを知っています。だから私たちは、神の愛の統治をほめたたえるのです。

 第三に私たちは、正義の浸透をほめたたえます(詩篇145:17-19)。神の国は、正義に満ちた国でもあります。神は常に、弱い立場の人に目を配っておられます。助けを求める心の叫びを聞いておられます。そして、あらゆる苦難から私たちを救って下さいます。コロナに感染した人も、洪水被害に遭った人も、経済的に困っている人も、神は愛しておられます。思わぬ落とし穴にはまり、抜け出せなくなった人のことも、神は憐れんでおられます。そして手を差し伸べ、救い出して下さいます。神の正義のみわざに、私たちは期待することができるのです。

 そしてもちろん、神は悪をさばいて下さいます(詩篇145:20)。神の国全体が、正義で満たされるためです。私たちは、時には待ちきれない思いを持つかもしれません。神のさばきはあるのか、それはいつなのかと、やきもきするかもしれません。でも神は、定めた時に必ず正しいさばきを下されます。私たちは、絶対的に正しい天の国王を信じ、安心して全てをゆだねることができます。神の国に正義が満ちる日を待ち望むことができます。全ての悪を取り除く神を、私たちは心からほめたたえることができるのです。

 どんな時も天の王なるイエス・キリストを見上げ、ほめたたえましょう。このお方の素晴らしさを、周りの人にも伝えて行きましょう。

「私の神 王よ 私はあなたをあがめます。あなたの御名を 世々限りなくほめたたえます。」(詩篇145:1)

|

« 神のことばにより生きる | トップページ | 天の祝福の管となる »

礼拝」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 神のことばにより生きる | トップページ | 天の祝福の管となる »