« 回復の喜びを共有する | トップページ | 神殿の奉仕を共有する »

2020年10月11日 (日)

新時代のプロジェクトを共有する

 インターネットの利用者は、世界中で増加中のようです。ある調査によると、21世紀が始まった2001年にインターネットを使った人は世界人口の8%、5億人弱でした。ところが昨年は推計で53.6%、41億人以上に増えています。先進国だけ見ると、86.6%の人が利用とのこと。スマホの普及が大きな要因のようです。もちろん日本も、同じ傾向です。総務省の調査では、2019年にインターネットを利用した人は89.8%で、1億人以上。13歳から64歳までの人は90%以上が利用し、それより高齢の人も増加傾向です。今年はコロナの影響で、ネット会議やオンラインイベントが増えました。インターネット利用率は、さらに上昇したかもしれません。

 私たちは現在、オンラインで世界とつながる新しい時代を体験しています。遠い昔、私の学生時代は、インターネット以前の「旧い時代」でした。何か学んだり、調べたりするには、自分で実際に体験するか、人に話を聞くか、あるいは印刷物を読むことが中心でした。ところが25年前にWindows95が販売され、その後インターネットが広く普及すると、状況は一変しました。ネットを通し、あらゆる情報が手に入るようになったのです。

 今はちょっとした調べ物なら、たいていネット検索で事が済みます。聖書について知りたい人も、かなりの内容をネットで調べられます。礼拝やセミナー等の動画もあります。私の教会も今は、オンラインで礼拝しています。インターネット時代の幕開けとともに、世界中の人があらゆる情報をオンラインで交換するプロジェクトが始まりました。私たちは今、この新時代のプロジェクトを共有しているのです。

 人類は、イエス・キリストの到来とともに、大きな変化を経験しました。キリスト以前の「旧い時代」には、ユダヤ人たちが天地創造の神に「呼び出された人々」でした。彼らは神の祝福を受け、その祝福を全世界に流し出す「管」とされました。天からみことばを授かり、ユダヤ人たちは地上の旅路を進みました。神と契約を結び、歴史的勝利を体験しました。神殿が完成すると、祈りの輪に加わりました。捕囚から帰った時は、回復を喜びました。それら全ては、「旧い時代」の祝福でした。

 神は、その「旧い時代」にさまざまなプロジェクトを進められました。アブラハムに子孫を与えるプロジェクト。彼らに約束の地を与えるプロジェクト。その後、彼らを世界中に散らし、再び約束の地に連れ戻すプロジェクト。それらのプロジェクトが完了した頃、時が満ち、新しい時代がやって来たのです。

 イエス・キリストは、「旧い時代」と一線を画す、新たな時代をスタートさせました。ユダヤ人、異邦人に関わらず、イエス・キリストを信じる人が、神に「呼び出された人々」となる時代です。新たに呼び出された人々が、神の祝福の「管」となる時が来ました。その人々は天の王なるイエス様に導かれ、地上の旅路を進みます。血による新しい契約により、歴史的な勝利を体験します。イエス様の祈りの輪に加わり、救いと回復を喜び、全世界に天の祝福を分かち合います。

 この新時代には、新たなプロジェクトが始まりました。天の御国の新たな集まり=教会が、世界中に広がるプロジェクトです。イエス・キリストを信じる人は、誰でもこの新時代のプロジェクトに参加しているのです。

「ペテロは、ほかにも多くのことばをもって証しをし、『この曲がった時代から救われなさい』と言って、彼らに勧めた。彼のことばを受け入れた人々はバプテスマを受けた。その日、三千人ほどが仲間に加えられた。」(使徒2:40-41)

|

« 回復の喜びを共有する | トップページ | 神殿の奉仕を共有する »

礼拝」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 回復の喜びを共有する | トップページ | 神殿の奉仕を共有する »