« 弟子づくりのミッションを共有する | トップページ | 神の奇跡に希望を抱く »

2020年11月15日 (日)

永遠の希望を共有する

 今週金曜日、アニメ映画「STAND BY ME ドラえもん2」が公開になるそうです。ドラえもん50周年記念作品です。コロナの影響で、8月公開の予定が11月になったとのこと。ドラえもんの3DCGアニメとしては、6年ぶりです。今回のストーリーは、主人公のび太がタイムマシンで過去に行き、おばあちゃんと再会します。おばあちゃんが「のび太のお嫁さんを見たい」と言うと、今度は彼の結婚式を見に未来へ。ところが新郎のび太がいなくなり、たいへんだ~!という話です。実に慌ただしいタイムトラベルですね。

 映画公開に合わせ、前回の作品「STAND BY ME ドラえもん」も、今週テレビ放映されます。前回の映画では、ドラえもんとのび太の出会いが描かれているそうです。タイムマシンを使い、22世紀の猫型ロボットをのび太の時代に送ったのは、彼の孫の孫・セワシでした。のび太が大人になって莫大な借金をつくり、子孫は困っていたからです。ドラえもんをお世話係として遣わし、先祖のび太の人生を変えようと、セワシは考えました。

 セワシの思惑通り、のび太は生き方が変わり、見違えるように明るくなります。将来の結婚相手も変わります。結婚相手が変わると、セワシは生まれないはずですね。でもなぜかセワシは、「心配はいらない」と言っているそうです。(映画の中かどうかは知りません。笑)未来の世界から過去の世界を変えようとしたセワシの計画は、見事に成功しました。未来から遣わされたドラえもんは、のび太の現在と未来を一変させたのです。

 聖書が伝える神の計画も、これと似た部分があります。創造主なる神は、私たちが住む世界とは全く別の世界から、私たちの世界を変えようとされました。神は無限の存在であり、永遠の世界におられます。時間の縛りのない世界です。

 この無限の神が有限の世界、私たちが住む世界を造られました。私たちの世界には、時間の縛りがあります。太陽の動きに合わせ、私たちは日々生活しています。1日1日の労苦があります。80年前後生きる人生があります。百年、千年単位で変化する時代もあります。私たちの目から見れば、それぞれ時間の長さがあり、貴重なひとときです。でも永遠の世界から見れば、この世界は一瞬に過ぎません。1日も百年も千年も、あっと言う間です。

 神は、永遠の世界から私たちの一瞬の世界を、愛をもって熱く見つめておられます。そして、この世界を永遠に変える計画を、神は進められておられるのです。

 イエス・キリストは、私たちの一瞬の世界を変えるため、神の永遠の世界から来られました。無限の存在である神が、有限の存在である人となり、私たちが永遠の世界で神とともに生きる道を開いて下さったのです。イエス・キリストを信じる人は、未来が大きく変わります。一瞬の世界が過ぎ去った後、私たちは永遠の世界の限りない祝福の中に入ります。王様のような暮らしです。

 未来が変わると、私たちの現在の生き方も変わります。永遠の希望をもって、今の貴重な瞬間を大切に生きることができます。永遠の世界から遣わされたイエス様は、私たちにとって最高の羊飼い=お世話係になっておられます。いつでもどこでも、いつまでも私たちとともにいて下さいます。私たちはこの限りない希望を喜び、感謝し、周りの人とも共有できるのです。

「もはや夜がない。神である主が彼らを照らされるので、ともしびの光も太陽の光もいらない。彼らは世々限りなく王として治める。」(黙示録22:5)

|

« 弟子づくりのミッションを共有する | トップページ | 神の奇跡に希望を抱く »

礼拝」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 弟子づくりのミッションを共有する | トップページ | 神の奇跡に希望を抱く »