« 新しい契約を喜ぶ | トップページ | 新たな家族を喜ぶ »

2021年7月11日 (日)

新時代の生き証人となる

 大谷翔平選手は今週、メジャーリーグのオールスター戦で、史上初の二刀流出場を果たす予定です。指名打者部門ではファン投票で最多票を獲得、投手部門では選手間投票で5位に入りました。球宴前日のホームラン競争にも出場します。

 現地のジャーナリストも、次のように絶賛しているそうです。「大谷は、メジャーで誰も見たことのないことをやっている。」「大谷は、本当に狂ってる。」「(オールスター戦は彼の)戴冠式になる。」

 二刀流は無理だと考え、「打者に専念した方が良い」と言うスポーツキャスターもいます。でも多くの人が、そのキャスターをこう批判したそうです。「この男は、ただ大谷のことが嫌いなんだ。」「大谷の好きなようにさせてあげるべきだ。」「大谷のおかげで僕らも夢を楽しめているのに、その夢を楽しんではいけないのか?」

 プロレベルの野球は、分業化が進んで来ました。投手は投球に専念し、打者としての活躍はあまり期待されません。投手としての役割も先発とリリーフに分かれ、さらにリリーフも中継ぎや抑え等に分化しています。足の速い選手は、ピンチランナーとしてだけ試合に出ることもあります。

 このような分業化の流れは、いわば野球界の常識でした。かのベーブ・ルースや日本の川上哲治、藤村富美男等も一時、二刀流だったそうです。でも彼らは、選手生活の後半には打者に専念しました。

 大谷選手は、野球界の常識をくつがえし、新時代を築くような大活躍をしているのです。彼の「弟子」とも言える、二刀流に新たに取り組む選手も出て来ているそうです。私たちは、野球の新時代の生き証人となっているのかもしれません。

 全世界を造られた神は、人類の歴史の時代区分にもあらかじめ計画を立てておられました。聖書の証言によると、人類史は少なくとも5つの時代に分かれています。

第一の時代は、天地創造から大洪水直前まで。アダムとエバが罪を犯し、エデンの園を追われ、その後、地上に悪が増大した時代です。

第二の時代は、大洪水からバベルの塔まで。ノアの家族だけが大災害を生き延び、その子孫が世界中に散らされる時代です。

第三の時代は、アブラハムの選びから捕囚の終わりまで。アブラハムとその子孫たちが神から永遠の約束を受け取り、後世に語り継ぐ時代です。

第四の時代は、キリスト降臨から世界宣教まで。イエス・キリストが天の王座につき、世界中にその知らせが伝わる時代であり、今はこの時代になります。

そして第五の時代は、この世が終わり、次の世が始まるまで。世界が一新され、永遠の神の国が完成する時代です。

 イエス・キリストは、誰も見たことのないことをし、世の常識をくつがえされました。聖霊が天から下ったバプテスマの後、戴冠式を終えた王のように、新たな時代を築き始められたのです。

 それは人が罪から解放され、永遠の楽園に向かう時代であり、あらゆる悪に勝る神の恵みが、地上に広がる時代です。新時代にふさわしい愛と慎みに溢れた生き方を、イエス様は弟子たちを通し、全世界の人に示されました。一部の人でなく、全ての国の人が、永遠の約束を受け取れる時代となりました。

 新時代を生きる人は、その生き証人とされます。夢のような新時代を楽しみ、その喜びを証言できるのです。

「しかし、聖霊があなたがたの上に臨むとき、あなたがたは力を受けます。そして、エルサレム、ユダヤとサマリアの全土、さらに地の果てまで、わたしの証人となります。」(使徒1:8)

|

« 新しい契約を喜ぶ | トップページ | 新たな家族を喜ぶ »

礼拝」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 新しい契約を喜ぶ | トップページ | 新たな家族を喜ぶ »