« 起死回生に望みをかける | トップページ | 新たな教会を生み出す »

2021年9月26日 (日)

「世間体」から解放される

 イスラム教国では、「宗教警察」と呼ばれる政府や民間の組織があるそうです。アフガニスタン、イラン、マレーシア、ナイジェリア、サウジアラビア、スーダン等の国々です。

 「宗教警察」はイスラムの教義に反する行為を監視し、指導する役割を担っています。市内を見回り、欧米の影響を受けた服装や女性の派手な化粧、未婚の男女交際等を取り締まります。クリスマスやバレンタインのプレゼントも監視対象です。

 捕えられたり、暴力を振るわれたり、ひどい場合は処刑されることもあるとのこと。国際社会からは、人権侵害だと批判されて来ました。コロナ禍の今は、外出や経済活動の制限を人々が守っているか監視するケースもあるようです。

 コロナ禍に現れた日本の「自粛警察」は、「宗教警察」と似ているとも言われます。

 感染拡大に伴い、日本政府はロックダウン(都市封鎖)ではなく、不要不急の外出や経済活動の自粛を国民に要請しました。要請ですから、法的強制力も罰則もありません。要請に応じない人も、たくさんいます。そのような人たちに対し、「自粛警察」は電話や張り紙等で嫌がらせや脅迫をするようです。

 近所同士が、互いに「自粛警察」の役割を果たす場合もあるようです。ある人は、田舎に住む父親から「帰って来るな」と言われました。感染を避けるためではなく、別のこんな理由が告げられたそうです。「感染者の多い地域から帰省すると、周りから非難され、近所付き合いができなくなる。」

 一般市民が互いに監視し合う日本の社会には、「世間体」の呪縛があると指摘する人もいます。

 旧約時代のユダヤ人たちは、天地創造の神の助けを受け、「世間体」の呪縛から解放されました。アブラハムは神の導きに従い、約束の地に向かいました。彼はその時、メソポタミア社会の世間体から解放されました。

 モーセも神のことばに従い、ホレブの山からエジプトの王宮に向かいました。モーセはその時、元殺人犯に対する世間体から解放されました。

 出エジプトのユダヤ人たちは、荒野で40年間、神から訓練を受けました。その訓練を経て、彼らはエジプト社会の世間体から解放されました。

 ネヘミヤは神の助けを最後まで信じ、エルサレムの城壁を再建しました。ユダヤ人たちはその時、彼らを負け犬と見る近隣諸国の世間体から解放されたのです。

 イエス・キリストは、全世界の人々を「世間体」の呪縛から解放されました。イエス様の働きを通し、1世紀のユダヤ人たちは律法主義に縛られた世間体から解放されました。社会の脱落者たちを無条件に受け入れる神の大きな愛を、彼らは体験したのです。

 使徒ペテロも、特別な体験をしました。神に導かれ、彼は異邦人の家を訪問しました。そこで彼は、初めてある真実に目が開かれました。ユダヤ人だけでなく異邦人をも、神は深く愛されていることです。当時のユダヤ社会の世間体では、全く考えられないことでした。ユダヤ人だけが神に選ばれた特別な民族で、異邦人は汚れた存在だと見なされていたのです。

 ペテロの体験は、全世界の人が世間体の呪縛から解放される一つのきっかけになりました。私たちは今、日本でも世間体からの解放を告げることができるのです。

「・・・これで私は、はっきり分かりました。神はえこひいきをする方ではなく、どこの国の人であっても、神を恐れ、正義を行う人は、神に受け入れられます。」(使徒10:34-35)

|

« 起死回生に望みをかける | トップページ | 新たな教会を生み出す »

礼拝」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 起死回生に望みをかける | トップページ | 新たな教会を生み出す »