« 「世間体」から解放される | トップページ | 救いを知る »

2021年10月 3日 (日)

新たな教会を生み出す

 以前、私たちの教会で通訳をしていたある人が、先週ママになったことを知りました。生まれたばかりの小さな女の子と一緒に撮った写真を、SNSにアップしていました。遠く離れた地にいて、直接会うことができなくても、たいへん嬉しい気持ちになりました。世界のどこにいてもそんな写真や動画を簡単に見られるのは、インターネット時代の祝福の一つですね。

 独身時代に私たちの教会で通訳をし、ママになった女性は、これで3人目だと思います。たいへん有能だった彼女たちは、きっとママとしても十分にその役割を果たしてくれるのでしょう。写真や動画の投稿を通し、子供たちの成長を見るのが楽しみです。

 世界の人口は、増え続けています。国連の調査によると、2021年の世界人口は78憶7500万人で、昨年に比べ8千万人増加したそうです。人口が最も多い国は中国で、14億4千万人。2位はインドで、13億9千万人。3位は米国で、3億3千万人。以下、インドネシア、パキスタン、ブラジル、ナイジェリア、バングラデシュ、ロシア、メキシコと続きます。人口が減りつつある日本は今、11位です。

 先進国では、コロナ禍で子供を産む人が減ったそうです。感染やワクチン接種、経済的な不安等が原因のようです。でもその他の地域では子供が増え続け、発展途上国では深刻な不況により、飢餓人口が劇的に増加したそうです。8億人以上が栄養不足で、23億人以上が食料確保に不安があるとのこと。

 たくさん子供が生まれても、食べ物がないと困りますね。彼らを愛し、大切に育ててくれる家族も不可欠です。世界中の子供たちが良き家庭に恵まれ、肉体的にも精神的にも健やかに育ってほしいと願っています。

 神の子供として新たに生まれる人たちにも、愛に満ちた神の家族が不可欠です。エルサレムで信仰をもった弟子たちはユダヤやサマリアの地に散らされ、そこでさらに新たな弟子が生まれました。その動きはローマ帝国各地へ広がり、弟子の集まりである教会=神の家族も増え広がりました。やがて教会は欧州全土に広がり、カトリック教会や正教会が生まれました。

 宗教改革以降は、さまざまなプロテスタント教会が生まれました。その後も世界宣教の働きはとどまることがなく、北米や中南米、アジアやアフリカにも次々と新たな教会が生み出されました。2000年前、エルサレムに誕生したたった一つの教会は、今や全世界で数え切れないほどの数の教会となっています。

 これだけ増え広がった大きな理由は、教会が新たな弟子をつくり、新たな教会を生み出したからです。迫害され、エルサレムを追われた弟子たちは、行く先々で弟子をつくり、教会を生み出しました。

 ピリポはサマリアで教会をつくり、エチオピアにも新たな弟子を送り出しました。サウロはイエス様と出会った後、すぐに伝道を開始し、ダマスコに生まれた教会の働きを助けました。ペテロは、カイサリアで異邦人教会誕生のお手伝いをしました。

 そしてシリアのアンティオキアにも、異邦人が集う新たな教会が誕生しました。神はその教会を用い、さらに多くの教会を生み出す計画を立てておられました。

 愛に満ちた神の家族を生み出し、弟子を健やかに育てる神の計画の中に私たちも今、生かされているのです。

「ところが、彼らの中にキプロス人とクレネ人が何人かいて、アンティオキアに来ると、ギリシア語を話す人たちにも語りかけ、主イエスの福音を宣べ伝えた。そして、主の御手が彼らとともにあったので、大勢の人が信じて主に立ち返った。」(使徒11:20-21)

|

« 「世間体」から解放される | トップページ | 救いを知る »

礼拝」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「世間体」から解放される | トップページ | 救いを知る »